Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


高校生の頃から頭で考えるスタイルは確立していたので、高校でも大学でも、コーチとはぶつかりました。戦略や戦術が間違っていると思えば、「こっちの方がいい」とはっきり伝えて引かなかった。

日本人として珍しいかもしれませんが、みんなの前で監督やコーチに反対意見を言うこと、衝突することは何も気になりませんでした。それは、目指すことはひとつで、勝ちたかったから。勝つためには、一番いい方法を選ぶべきじゃないですか。

ラグビー日本代表・田村優
ジャケット54,000円/チルコロ 1901、ニット29,000円/フィリッポ デ ローレンティス(ともにトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)

人生は変わらなかったけど歴史は変わった、ワールドカップ

これまで経験したことのないプレッシャーの中で、戦ったワールドカップ。「人生を変えよう」とチームメイトたちと言い合ってきましたが、全試合が終わった今、人生は何も変わっていません(笑)。

まぁでも、歴史は変わったと思います。ラグビーの存在価値が上がって、みんながすごくハッピーだと言ってくれている。もちろん、僕もハッピーです。それで十分だと思っています。

一方で、今は目標がなくなってしまいました。日本のベストチームの体制で、すべてを注ぎ込んでやってきたので、日本代表の活動が終わるとやはり、ふわっとしてしまう。特に僕は、舞台が大きくなればなるほど、そこにフォーカスしていけるタイプなので、ビッグマッチがないと集中しづらくなります。

でも振り返ってみると、今回のように次の目標が見えなくなるほどの感覚は、初めてかもしれません。誰もやったことがないことに挑戦するとか、例えば今からサッカー選手に転向するとか(笑)。ただ、ラグビーというスポーツで挑戦することは、これからも変わらないことです。

今は何の重圧もないので、とにかく楽しもうと思っています。そしてまたプレッシャーが欲しくなったら、その機会を自分で掴みに行く。そうやって、40歳まで現役選手としてラグビーを続けていけたらと思っています。


たむら・ゆう◎1989年生まれ、愛知県出身。大学卒業後、NECグリーンロケッツ入団。12年、初日本代表選出。17年よりキヤノンイーグルスに所属。

写真=小田駿一 構成=伊勢真穂 スタイリング=伊達祐輔 ヘアメイク=田中徹哉

VOL.12

米倉涼子「悔しい気持ちがエネルギーになる」...

VOL.14

「局アナ」の枠を超えて活躍を続ける、弘中綾...

PICK UP

あなたにおすすめ