Close RECOMMEND

起業家たちの「頭の中」

弁護士ドットコム 元榮太一郎

いつかインターネットで弁護士を探す時代が来る。“一見さんお断り”がまだ当たり前だった今から12年前にそんな夢を描き、「弁護士ドットコム」を創業した元榮太一郎(もとえ たいちろう)氏。法律事務所の代表、上場企業会長でありながら現参議院議員という3つのキャリアを持つ元榮氏に起業家としての心構えやベンチャー企業の事業・組織についてドリームインキュベータの下平将人が聞いた。(全6話)※本記事は2017年11月に実施したインタビュー内容を基に作成しております。


自分のビジョンを語り、人を巻き込む

──どのように事業を一緒に作っていく仲間を巻きこんでいったのですか。

私は、常に「こういう人を求めている」と周りに言いふらすようにしています。

創業当時も、「弁護士ドットコムとしてこういうことをやりたいんだ。こういう人を探している」とさまざまな所で話していました。

独立して1カ月後ぐらいに、大学のゼミの後輩の弁護士が「おもしろいですね。僕にもやらせてください。弁護士になったものの受験時代みたいな熱い想いがもてなくてどうしようかと思っていたんですよ」といってきてくれました。

弁護士で共感してくれる人がいるとは思ってもみなかったので、とても嬉しかったですね。

さらに、彼のルームメイトに大手企業のエンジニアがいて賛同してくれたり、その彼の大学のゼミの同期で某オークションサービスを立ち上げた立役者などもいて、多くの人がどんどん集まってくれました。

2005年4月に居酒屋に集まって、情熱を込めたパワーポイントのスライドを見せながら、「こんな感じだけど、どう? やってみない?」と誘ったら、みんなが「やりたい!」と答えてくれたのです。

こうして、起業して4カ月ほどでオリジナルメンバーが揃いました。



旗を立て強い引力でリクルーティング

──すごいですね。そこからも順調にメンバーが集まっていったのですか。

はい。2013年7月に加わったCOOやCFOも同様です。COO、CFOを本格的に探しはじめたのは2013年4月。上場準備の直前期に入り、そういえばCOOとCFOがいないなと気がつきました。

そこで、4月にFacebookで「COO、CFO大募集!! 我こそはという人は来てください」と募集をかけました。

そのときはすでに、弁護士ドットコムがたくさんのメディアで紹介されていたこともあって、多くの方からお問い合わせをいただきました。

そして、募集をしてから3ヶ月で入社してもらうことになったのです。

──ハイスピードですね!

今はSNSが活発な時代なので、本気を出せば集まるものです。

1番大切なのは、どういう旗を立てるかだと思います。私は、「弁護士を身近にする!」という旗を立てました。

みなさん弁護士を遠い存在で敷居が高いと思っています。それをもっと身近にしたら、必ず社会に役立ちますよね。

借金で困っている人や養育費を払ってもらえないシングルマザー、相続トラブルを抱えている人など、生活をしていればいろいろトラブルはあるのに、弁護士を活用できていないんです。

共感されやすい理念をしっかり立てて、それを広報も活用して訴え続けていけばおのずと引力が生まれ、人は集まってくると思います。

文=下平将人 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ