Close RECOMMEND

We write about how people and leaders achieve extraordinary results.


1. 一緒くたに扱わない

人は誰しも異なる存在で、そのような扱いを受ける価値がある。従業員らが同じような役職や労働条件、給料を得ていたとしても、職場での体験について同じように考えているとは限らない。それぞれの従業員の話を能動的に聞く努力をしよう。

2. 燃え尽きに注意する

従業員の燃え尽きは現実問題だ。あなたのリーダーシップ手法や職場の文化で、従業員からエネルギーや熱意を奪っている側面がないか考える。まずはこれを取り除いた上で、クールなプロジェクトや適切な評価、感謝を伝えることなどを通じて、従業員のエネルギーに火を付けよう。

3. 一対一で話す

従業員と一対一で会話を交わすことに大きな効果があることは、これまでの調査研究から示されている。そのため、部下と向き合うことを意識し、リーダーとしての習慣としよう。

4. 「安全性」について違う角度から考える

けがが多発するような職場は今やあまりない一方で、今のリーダーがすべきことは、従業員が心理的な危険を感じるような状況を作らないことにある。この点は真剣に考えよう。従業員が職場で心理的な危険を感じていれば、最高潮の瞬間を感じることは非常に難しい。

「従業員体験」は近年、世界中の企業が注目するようになった。しかしこれは、経営幹部だけではなく誰もが考えなければならないことだ。誰もが、人々の生活の山と谷の瞬間に影響を与えることができる。また正直に言って、自分をネガティブな体験として覚えておいてもらいたい人はいないはずだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ