キャリア・教育

2019.11.10 18:00

脱・営業スマイル ビジネスに効く3つの「笑顔」


笑顔はキリッと歯を見せずに

打合せなどが終わって、相手との別れ際は、歯は見せずに、「強さ」が感じられるキリっとした笑顔がふさわしい。この時点で、ニコニコしたり、だらだらしたりするのは、とても時間を大切にしているようには見えない。

口の形は、奥歯の上下をあわせ、口角を少し上げれば、キリっとした笑顔になる。その場で契約などが成立すれば、思わず大笑いでガッツポーズをとりたくなるかもしれないが、ここは冷静に、始まりと途中のテンションから違和感のないレベルに抑えたい。そもそも、契約の決断は互いに冷静だからできたはずだからだ。

最後に言っておきたいが、仕事で笑顔を使い分けられるようにするには、日ごろから、自分の笑顔を意識しておくことだ。もし、目の前の相手の顔が暗いと思ったら、それは自分が笑っていないことの証拠だ。

食料も満足に手に入らない人類の原始の時代でも、笑顔は必要とされてきた。日々の生活では、自分たちの縄張りを、他の部族が侵略をしないように警戒をしていた。そんななかで、敵に出会ったときに、笑顔は危害を加えないというサインであり、とても重要だったはずだ。もちろん、それは現代にも当てはまることは、言うまでもない。

連載:表現力をよくするレシピ
過去記事はこちら>>

文=中井信之

ForbesBrandVoice

人気記事