最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介


ヴェナ・アリエル・アホウアンソ(25)
KEAメディカルズ共同創業者、CEO(ベナン)

医師のヴェナ・アリエルは、ある苦い経験をきっかけにアフリカの医療を進化させるべく立ち上がった。2016年赤ん坊を取り上げた際のこと。母親は出血多量で即座に輸血が必要な状態だったが、血液型が判明するのに時間を要してしまい、還らぬ人となったのだ。この出来事を経て彼女は患者の病歴や過去の診断結果などの医療データベースと病院をつなぐデジタルプラットフォーム、KEAメディカルズを立ち上げる。

現在、同サービスには1700もの医療専門家が登録。患者自身もいつでも自分の医療データにアクセスできる。「あらゆる壁を取り払い、世界中の誰もが公平に迅速に医療にアクセスできるようにするのが私のビジョンです」とヴェナ。今後4年間で、アフリカに住む5億人を100万人の医師たちとつなぐことを目指す。

ルイ・マナナ(27)
クリエイティブディレクター、モデル、テレビ司会者(ナミビア)



ナミビア初のオリジナルの子供向けアニメ・人形劇番組Waka Waka Mooのクリエイティブディレクター、ルイ・マナナは元リアリティショースターだ。「甥と姪の子守をしているとき、彼らが西欧諸国で作られたアニメを見て、そこに出てくる台詞を暗唱してそのまま真似て話す姿を見ました。だから私はナミビアの11言語で放送される、独自のアニメ・人形劇の番組を作ろうと思ったのです」。

2017年開始の同番組は、アニメを通して子供たちにナミビアの歴史や文化を教育する。さらには番組だけでなく、国内の44地域の小学校へのツアーに展開させた。Voigush Africaというテレビ番組も製作。過去に南アフリカで受けた番組オーディションで、南アフリカ人ではないという理由で落とされた経験から故郷で番組を作ったという。

文=カレン・ムウェンデラ 構成・翻訳=瀧口友里奈

VOL.54

Forbes US版が選ぶ世界を変えるUNDER30の女性...

VOL.56

課題をチャンスに変えるアフリカのUNDER30|後編

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい