Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

B・スプリングスティーン by Gettyimages

米CNNのブランドン・グリッグスが執筆した記事によると、大物ロック歌手のブルース・スプリングスティーンは、ポップチャートで1位を一度も獲得したことがない。それでも彼は、数十年にわたり音楽界で活躍。多くの賞を獲得し、その音楽は人々に愛されている。

ナンバー2でも成功はできる。全てにおいて一番にならなくても、成功することはできる。特定の経歴や功績がなくても、前に進むことはできる。ランキングや賞を理由に自分は能力不足だと思い込んではいけない。そうなれば、前進する自信がなくなってしまうからだ。

成功にあたっては決まったルールは存在しない。確かなものは、自分自身と、自分が前進する上で果たす役割だけだ。キャリア向上を目指すにあたっては次の3つのことを覚えておくこと。

1. 懸命に働き、良い仕事をする

先述のCNNの記事によると、スプリングスティーンは数十年間にわたり素晴らしい歌詞を作ってきており、楽曲は他の有名アーティストたちによりカバーされている。

成功と前進は一夜にして起こらない。成功には、時間と努力、そしてエネルギーが必要だ。堅実な仕事をするため時間と労力をかければ、次第に注目され、仲間から尊敬が集まり始めるのだ。

2. 情熱を見せる

スプリングスティーンは、エネルギーにあふれたパフォーマンスを披露すると同時に、社会問題や人権に関しても積極的に発言している。

あなたも、自分の仕事や周囲の世界に情熱を持とう。仕事の内外で行うことにエネルギーを注ぐこと。趣味がある場合は、それについて話そう。趣味は自分の人となりの一部だ。人はあなたのエネルギーを目にし、情熱を感じる。自分が取り組むことへの投資を恐れないこと。そうすれば、人は気づいてくれる。

3. 自分を偽らない

CNNの記事によると、スプリングスティーンはうつ病と闘ってきており、そのことを最近公表した。

自分に正直になり、自分を受け入れ、ありのままの自分で仕事をすること。あなたの問題が身体的なものでも精神的なものでも、仲間の中に同じ問題を経験している(あるいはそのような人を知っている)人がいる可能性は高い。人と人間的なレベルでつながれば、より深いつながりが生まれる。相手はあなたをよりよく知り、あなたやあなたの仕事に対してより大きな感謝や敬意を持つようになる。

あなたも「ボス」の異名を持つスプリングスティーンから学び、自分のキャリアは自分で決める「ボス」となろう。ランキングなどを基に劣等感を持ってはいけない。一生懸命働き、情熱を見せ、自分らしくなること。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい