I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Vladeep / Shutterstock.com

採用面接で必ず聞かれる質問は、「なぜ前職を退職したのですか?」だ。面接官がこの質問を通して本当に知りたいのは、あなたが正当できちんと考え抜いた理由から新たな仕事を探しているのか、それとも退屈して前職よりましな環境を求めているだけなのかだ。

この質問の言い回しはあなたの今の状況によって変わる。他の言い方として、「なぜ転職を希望しているのですか?」「なぜ〇〇の仕事を辞めたのですか?」などがある。どのような質問をされたとしても、答えるときに心に留めておくべきことは幾つかある。

・個人的な理由ではなく仕事関連の理由を挙げる

仕事を辞めた理由については、個人的な理由ではなく仕事に関連したものを挙げる必要がある。通勤時間を短縮したいとか、ひどい上司・同僚から逃れたいといった理由はどれもまっとうなものだが、応募先に言うべきものではない。個人的な理由を挙げるのは避け、仕事そのものについて話すこと。

・ありきたりな答えは避ける

ありきたりな答えをすれば、相手の興味をそいでしまうことは間違いない。自分について明確なことを何も伝えることができないからだ。「より大きな成長の機会を探しているからです」「新たな挑戦を求めています」のようなありきたりなことを言うのではなく、なぜそれを求めているのかを説明すること。

・ネガティブなことを話さない

たとえそれが仕事を辞めた本当の理由だったとしても、前職の仕事や雇用主、上司、同僚についてネガティブに語るのは避けること。この質問には、批判的ではなく建設的に答えるべきだ。ネガティブな答え方をすれば、あなたの印象もネガティブになってしまう。愚痴と解釈されかねないことは言わないこと。

・うそをつかない

これに説明は必要ないだろう。うそをついたり物事をでっちあげたりしないこと。自分の意に反して退職せざるを得なかった場合、退職があたかも自分の決断であったかのように装いたくなるかもしれない。

人員削減や職務の消滅により失職した場合、それを伝えればよい。自分の業績に問題があって解雇された場合には、その経験によってより良い社会人になれたことや、もっと努力しようと思ったことなどを話すこと。悪い状況についても正直に話すことで、誠実さを示すことができる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい