Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.


・細か過ぎる説明は避ける

答えは短くて簡潔なものにし、最も大切なことだけ話すこと。状況をしっかり伝えるために必要な情報は与えつつも、説明し過ぎてはいけない。あまり細部まで説明し過ぎると、逆効果になってしまうかもしれない。

・ネガティブをポジティブに変える

ネガティブなことでも、学びを得た経験として説明することでポジティブに変えよう。現在の仕事のある側面が本当に嫌ならば、その経験によって自分が何を楽しめるかに気づけたかを考える。「私は現在の仕事でXをしてきましたが、私の強み/情熱/関心はYやZにより近いということに気づきました」のように述べ、YとZにはあなたが面接を受けている仕事の重要な構成要素を入れること。

・その仕事や企業への情熱をアピールし過ぎない

面接を受けている仕事があなたの夢の仕事だったり、夢の会社での仕事だったりする場合は、それだけが退職の理由であると説明したくなるかもしれない。新たな仕事に対する熱意を示すことは大切だが、やり過ぎてはいけない。辞めた理由の一つとして言うのはよいが、なぜ辞めるのかという実際の問いへの答えを忘れないようにすること。

・新しい仕事に求めていることに言及する

この質問への回答のうち、今の仕事を辞める理由について話すのは半分だけにしよう。残りの半分は、新たな仕事を探している理由を話すこと。これにより、辞める理由を既に徹底的に考えたこと、退屈していることだけが理由なのではないことが示される。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい