最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

マイクロソフト共同創業者のポール・アレン(Photo by Stephen Lovekin/Getty Images)

2018年10月に死去したマイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン。Forbes U.S.が生涯にわたって慈善事業に寄与した人に送る「400 Lifetime Achievement Award for Philanthropy」を死後に受賞した。彼の幼い時からの友人で共同創業者のビル・ゲイツが弔辞を送った。


ポールの慈善活動について理解するには、まず、彼が驚くほど好奇心旺盛な人物だった、ということを知らねばなりません。幼いころから森羅万象に興味を持ち、人生の後半では、一見すると関連性がわからないほど幅広い課題に寄与しました。

彼はゾウの密猟を防ぎ、海洋の健康を改善し、スマートシティを促進し、ホームレスのための新しい住宅や芸術教育の支援に資金を供給しました。

14年だけでも、ポリオウィルスの研究や西アフリカでのエボラウィルス流行を封じ込めるための努力を支援しながら、人工知能を研究するための新しい研究所を立ち上げました。ポールのことを知っていれば、彼のポートフォリオのロジックは簡単にわかります。

自分がもっとも興味があることや、もっともインパクトを与えられると思った場所を支援しています。ポールは私が出会った中で、もっとも思慮深く、優秀で好奇心豊かな人の1人でした。もっと長生きすべき人でしたが、誰もが認める素晴らしい人生を歩んだと思います。

ハッカーの喜び



ポールと私は学校のテレタイプに取りつかれました。しかし使用料が高額で、1時間40ドルもかかる。システムのバグを悪用して時間をごまかして、捕まってしまいました。それが2人の初仕事につながりました。我々はバグを見つける代わりに無料でコンピュータを使う契約を会社と結んだのです。

チューニングイン



ポールは私よりもクールでした。ジミ・ヘンドリックスにはまっていて、『Are You Experienced?』を私のためにギターで弾いてくれたのを覚えています。音楽への愛はその後の慈善活動にも影響を与えました。

本の価値



これはポールの高校のアルバム写真です。彼はどんな時も読書を愛していました。そしてこの山積みの本の中にはジェームズ・ジョイスの『ダブリン市民』、哲学と物理学の教科書と聖書が含まれています。

マイクロソフトの魔法



この写真を撮影したのは会社が成長し始めて間もない時です。私たちはアルバカーキからシアトルに引っ越しました。初期のソフトウェアの多くは、これらのパソコンを使ってプログラミングしたものです。

心とお金



脳科学を研究するための組織「アレン脳科学研究所」を作っていると初めて聞いたとき、「それは当然のことだ」と私は思いました。子供のころからポールは人間の心を理解することに取りつかれていました。

チャンピオン



米NFLのシアトル・シーホークスを買ったとき、 ポールはフットボールの大ファンではありませんでした。危険を冒して新しい所有者になったのは、シアトルを助けたかったから。それは明らかに報われました。

文=ビル・ゲイツ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい