I write about technology and science

Shutterstock

グーグルは10月8日、家中のデバイスで音楽や動画などのコンテンツの再生を引き継げる機能の「ストリームトランスファー(Stream Transfer)」の提供を開始した。

対象となるのは、Google Chromecastやグーグルアシスタントを搭載したスピーカー及びディスプレイだ。

家の中のどの部屋に居ても、音楽や動画をシームレスに楽しめるこの機能は、非常に便利なものだ。これまではリビングのTVで観ていた映画を、別の部屋で楽しむ場合は、デバイスを立ち上げて観終わったポイントまで早送りする必要があったが、その手間が必要なくなる。

ストリームトランスファーの利用にあたっては、それぞれの部屋のデバイスにGoogle Homeアプリを使って名前を割り当てておくのがベストだ。例えば、書斎のHome Miniで聴いていたポッドキャストを、キッチンに置いた別のスピーカーで楽しみたい場合は、グーグルアシスタントに「OKグーグル、ポッドキャストをキッチンに転送して」と呼びかければいい。

コンテンツの転送操作はHomeアプリのキャストボタンからも可能だ。ボタンを押すと家庭内の同じネットワーク上にある全てのデバイスが表示される。そのリストから、コンテンツを次に楽しみたいデバイスを選べる。

さらに複数のスピーカーをグループで管理し、コンテンツを一括で転送することも可能だ。あちこちの部屋で掃除をしながら音楽を聞く場合などに、この機能はお勧めできる。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい