Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ミレニアル世代の視点から見たビジネス及びライフスタイルについて執筆

PixelsAway/ Bigstock.com



 ドローンが活躍するのはアマゾンの配達サービスだけでは無い。インディペンデントな写真家や映像作家ら向けに、ドローンなどの高額ガジェットを貸し出すサービスがKitSplitだ。

 ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業、KitSplitは言わば、Airbnbのガジェット版のようなサービスを提供するもの。共同創業者のクリスティーナ・ビューデリスとリスベス・カウフマンは「クリエーターたちのためのマーケットプレイスを作りたかった」と述べている。

「以前から、個人同士が高価な機材を貸し借りし合うコミュニティは存在した。私たちはそれをもっと安全な仕組みで、しかもよりスケール可能なビジネスにしようと考えたんです」とカウフマンは言う。

 ニューヨーカー誌の映像プロデューサーだったビューデリスは、大学院進学のためにニューヨーカーを退社。フリーの仕事でビデオ機器が必要になった際、KitSplit創業のアイデアを思いついた。そして2014年、ニューヨーク大学レナード・N・スターン・スクールのフェローシッププログラムを通してカウフマンと出会った。二人はこのビジネスを通じ、全米のインディペンデントなクリエイターや、小規模な企業で制作にあたる人々を支援できると確信した。

 カウフマンの家族もインディーズ映画制作に携わっており、彼女もまた、高価な撮影機材を借りる際の苦労を身にしみて分かっていた。

「このサービスを通じ、クリエイターたちに最先端のガジェットを使ってもらえるのがすごく楽しみ」だという。

 ユーザーはサイト上で、オキュラスリフトやグーグルグラス、ドローン、REDカメラ(超高画質のデジタルシネマカメラ)など様々な機材を探すことが可能。最先端の機材に限らず、今では入手困難な古い機材、ポラロイドスピリット600のオリジナルカメラなども用意されている。他にも照明機材やレンズ、デジタル一眼レフカメラなども取り揃え、撮影用RV車は一日250ドルで借りられる。

 ユーザーはKitSplitでアカウントを作成。自分が持っている機材や、借りたい機材をリスト化する。実際に貸し借りを行う際には、ユーザー間で契約を行う。レンタル期間や価格は利用者に委ねられており、双方が納得する形で進めればよい。

 現状ではKitSplitはベータ版の状態。招待を受け、審査に通過した人のみ利用できる状態だ。しかし、創業者の二人は数ヶ月後にはサービスの正式ローンチを目指している。

 レンタルに際しての全てのやりとりはサイト上で完了する。決済システムにはウーバーやAirbnb、Stubhub(チケット売買サイト)などでも採用されているBraintreeを利用している。

 これまで盗難や、補償のトラブルと無縁でいられたのは、KitSplitがユーザーを厳正に審査し、正しい契約の締結を支援してきた故だとビューデリスは考えている。ユーザー間で法的な問題が持ち上がっても、KitSplitはスムーズな解決策を提案できると彼女は言う。

 現状では同サービスは主にニューヨーク都市部で事業展開しているが、ユーザーらは全米の知人をサイトに招待しているという。今後は利用可能な地域も広げ、サービス内容もさらに拡充していく予定とのこと。

「このサービスを通じ、熱意はあるけどお金は無いクリエイターたちを支援していきたい」とカウフマンは語っている。

文=アリシア・アダムチック(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE