世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

稲木ジョージ

稲木ジョージとは一体何者なのか。かつて「アメリカンアパレル」渋谷店を世界一の売り上げに導いた敏腕PR。独立し、NYを拠点に活躍するデジタルPRコンサルタント。渡辺直美など名だたる著名人のインスタグラムに、友達として屈託のない笑顔で頻繁に登場する。自身のジュエリーブランドも立ち上げた。

彼は「インフルエンサーのインフルエンサー」として月刊誌『Forbes JAPAN』11月号で、表紙を飾った。まだ謎に包まれた稲木ジョージ氏の来日を機に、10月23日(水)に読者イベントとサイン会を開催する。

どのようにして、「デジタルPRコンサルタント」の地位に登りつめたのか。PRコンサルタントでありながら、新たに起業家として活躍しようと思った理由など、常に挑戦をし続ける稲木氏の人物像に迫る。

場所は、MARUZEN&ジュンク堂書店の渋谷店。当日、稲木氏の『ニューヨークが教えてくれた、「自分らしさ」の磨き方』を購入いただいた方全員にサイン会も実施。

新しいことに挑戦している、してみたい、考えているビジネスパーソンにオススメのイベントだ。

お申し込みはこちらから

CONTENTS

◇REAL COVER STORY
Forbes JAPAN11月号の表紙を飾った稲木ジョージと実際に稲木に取材をしたWeb編集長の林亜季の公開インタビュー。渡辺直美との出会い、ニューヨークでの仕事術、起業家になった経緯、世界を飛び回る稲木ジョージ流の仕事術などを深掘りします。

稲木ジョージ


2010年大学卒業後、上京。アメリカンアパレルの販売員、VMD(ビジュアルマーチャンダ イジング)を経て、PRに。14年に渡米、NYを拠点としフリーランスのデジタルPRとして活 動。16年、グローバルブランドの日本市場へのローカライゼ ーションに特化したデジタルPRコンサルティング会社George Root Ltd.を設立。ファインジュエリーブランド「MILAMORE」の共同設立者兼クリエイティブディレクターも務める。

林亜季 Forbes JAPAN Web編集長(モデレーター)

2009年、朝日新聞社入社。記者経験後、新ビジネスの開発や投資などを行う「メディアラボ」で複数の新規事業立ち上げに携わる。経済部記者を経て同社を退社。ハフポスト日本版 Partner Studio チーフ・クリエイティブ・ディレクターを経て、2018年7月からForbes JAPAN Web編集部副編集長 兼 ブランドボイススタジオ室長。同年12月から現職。


◇稲木ジョージサイン会

ニューヨークに引っ越したことで、さらに飛躍を遂げたジョージ。ジョージの半生とニューヨークで生き抜くヒントが詰まった『ニューヨークが教えてくれた、「自分らしさ」の磨き方』をご購入いただいた皆様にサイン会を実施します。

お申し込みはこちらから

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店で開催



専門書や希少本など、幅広く深い品揃えのジュンク堂書店。丸善ジュンク堂書店は、愚直なまでに本と文具の品揃えにこだわり、「図書館よりも図書館らしい」店づくりが特徴。今回は特別に読者イベントの場所を用意いただきました。


INFORMATION
▼開催日時:2019年10月23日(水) 19:00 START(18:30 開場)
▼会場:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店7階
    最寄駅:渋谷駅 8番出口(ハチ公口)より 徒歩10分、3a番出口より 徒歩7分
▼参加費:1,000円  ※払い戻しは不可となります。
▼参加方法:こちらから
▼サイン会:『ニューヨークが教えてくれた、「自分らしさ」』を当日ご購入いただいた皆様に、稲木ジョージ氏のサイン会を実施します
▼主催:Forbes JAPAN

皆様の参加をお待ちしております。

お問い合わせ:rsvp@forbesjapan.com
      (Forbes JAPAN イベント事務局)

写真=Aaron Kotowski

VOL.12

渡辺直美が定義する「本物のインフルエンサー...

VOL.14

『怒り』の感情は拡散される|SNS空間を支配す...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい