世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

(左)ディップ代表取締役社長兼CEOの冨田英揮 (右)チームラボ代表の猪子寿之

ディスプレイに映る「dip」という文字。これに触れると、ロゴの形や色がインタラクティブに変化する。さらに、このロゴはオンライン上で世界中の人と繋がっていて、どこかで誰かが触ると影響しあい、世界中の人とロゴを通じて一緒に遊ぶことができるという。“触れるロゴ”というものを見たのは初めてのことだ。



求人情報サイト大手のdip(ディップ)は10月1日、コーポレートロゴおよびコーポレートサイトを刷新したことを明かした。同社は昨今、AI・RPA を活用したサービスの開発・提供を行う新事業を開始し、事業ドメインを拡大。

その過程で目指すべき方向性を再定義し、全従業員が理解・共感できる言葉を示す必要があると考え“Labor force solution company”をビジョンとして新たに掲げている。それに伴い、社外のステークホルダーへも同社のビジョンを訴求すべく、コーポレートロゴおよびコーポレートサイトの刷新に至ったという。

コーポレートロゴおよびコーポレートサイトの刷新を手掛けたのは、世界的なアート集団「チームラボ」だ。同社が手がけたdipの新しいロゴは、同社の社名の由来であるdream、idea、passionをそれぞれ青、緑、赤の光の3原色で表現。スマートフォンなどのデバイスでロゴに触れると形が変化するという、企業ロゴとしては画期的なもの。しかも、世界中の誰かが触れていると変化する状態が見える。ユーザーが遊べるチームラボらしいデザインとなっている。

「現在、少子高齢化に伴う労働人口の減少や、働き方改革の推進、外国人労働者の増加など、日本の労働市場は急速なスピードで変化し続けています。

そのような時代の変化をふまえ、当社は2019年にAI・RPAを活用したサービスの提供を開始し、人材の採用のみならずAI・RPAによる業務の自動化・効率化で企業を支援する『労働力の総合商社』として、新たにビジョン“Labor force solution company”を掲げています。そして、その進化の象徴として、この度コーポレートロゴを刷新することを決断しました」



今回のコーポレートロゴおよびコーポレートサイトの刷新について、ディップ代表取締役社長兼CEOの冨田英揮は上記のように語る。

文=本多カツヒロ 写真=小田駿一

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい