Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版




 小さな賭博機器メーカーの社長だったD・バーゾフは、世界最大のポーカーサイトを買収するという「無謀な賭け」を仕掛けた。世界最大級のゲーム会社や投資会社を向こうに回し、彼はどのようにして「人生最大の勝負」で勝ったのか?

 2014年の初春、デビッド・バーゾフ(34)は前代未聞の提案を抱えて、マンハッタンにある世界最大の投資ファンド運用企業「ブラックストーン・グループ」に乗り込んだ。彼はモントリオールの賭博機器販売会社「アマヤ」の名もなき経営者に過ぎなかったが、壮大な計画を描いていた。ブラックストーンの信用部門の後ろ盾を得て、世界最大のオンライン・ポーカーサイト「ポーカースターズ」を、49億ドル(約5,900億円)で買収しようとしていたのだ。

 まるで、自分がすべての切り札を握っているかのように、バーゾフは途方もない提案をぶつけた。アマヤの株価が7ドル弱だったのも顧かえりみず、ブラックストーンなどの投資家に自社の株式を1株18ドル近くで、また普通株に転換可能な優先株を約21ドルで買わせようとしたのである。

 ウォール街では「GSOキャピタル」という名で知られている、ブラックストーンの信用部門の幹部たちは、これほどバカ高いプレミアムを付けて自社株を売りつけようとする経営者など聞いたこともなかった。そうしたこともあり、早々に会議を打ち切ると、バーゾフたちを表に放りだした。「建物の外に出たときには、うちの連中は心臓をバクバクさせていたよ」と、バーゾフは言う。「私はといえば、ずっと売り手と交渉を続けながら、『これは悪い話じゃない』と話していたけどね」

 その後の数カ月間で、バーゾフはポーカースターズの秘密主義のオーナーや、貸し渋る銀行、ウォール街の大物投資家らとの難しい交渉をまとめあげる。その1度の取引の結果、バーゾフは「オンライン・ギャンブル界の帝王」になったのだ。年商1億5,000万ドルのアマヤが、11億ドルの年商といわく付きの過去を持つ大企業「ラショナル・グループ」を、傘下のポーカースターズとフルティルト・ポーカーもろとも全額現金で買収したのだ。

 いまや、アマヤ株は足元で33ドルの値を付けている。10年の株式公開時と比べれば2,600%以上のリターンだ。バーゾフはアマヤ株の12.5%を保有しており、その価値は8億ドルに上る。「あの取引には業界も衝撃を受け、アマヤを注視していた人々も驚愕した」と、投資会社カナコード・ジェニュイティの金融アナリスト、ロバート・ヤングは語る。「彼らは自社の評価額が10億ドルをはるかに下回っているのに、オンライン・ギャンブル界の至宝を49億ドルで買ったのですから」

路上生活者から博打王へ
 このうえなく大きな勝負に勝ったバーゾフだが、あまりポーカーはやらないという。イスラエルで生まれた彼は、現代正統派ユダヤ教徒の両親に連れられ、1 歳のときにカナダのモントリオールに移住した。だが、バーゾフは高校を中退すると、両親に勘当された。

 しばらくは公園のベンチで寝る生活を送っていたバーゾフだが、やがて、中古コンピューターの販売店を開いた。そして、たった5年間で年商2,000万ドルのビジネスに育て上げた。ところが、05年にバーゾフは会社を売却すると、ソフトウェアへの参入を決意。何人かの開発者を雇うと、電子式のポーカーマシンを作った。人間のディーラーがいなくても客が遊べるので、カジノやクルーズ船に売り込むことができたのだ。バーゾフは、会社をアマヤと名付けた。(中略)

 そして12年、彼はスロットマシンのメーカー「キャディラック・ジャック」を1億7,700万ドルで買収した。これにより、バーゾフは年間3,600万ドル前後のキャッシュフローを手に入れた。GSOとのコネもできた。彼らは買収に際して1 億1,100万ドルを出資し、最大の財政的後ろ盾となったのだ。12 年11月には3.50ドルだったアマヤの株価は、13 年末までに7ドルを超える価格へと高騰した。こうして、バーゾフは「ストーリー」と「足場」を構築していったのである。

 キャディラック・ジャックを買収した後、バーゾフは最高財務責任者(CFO)のダニエル・セバッグに、「じつは、もっと大きな獲物を狙っている」と打ち明けた。彼は、ポーカースターズの親会社ラショナル・グループを買いたがっていたのだ。「頼むからそんなことは一瞬も考えないでくれ!」と、セバッグは止めた。どう考えても不可能だ。(中略)

 だがバーゾフは、チャンスのにおいを嗅かぎつけていた。ポーカースターズは、カナダ人のイサイ・シャインバーグが創業した会社で、法的には息子のマークが会社を所有していた。財務面は盤石だったが、06年にアメリカ議会が違法インターネット賭博禁止法を通過させた後もオンライン・ポーカーの提供をやめなかったために、オーナー親子は法律的な問題を抱えていたのである。(中略)

「ギャンブラー」同士の心理戦
バーゾフはポーカースターズの買収提案を親子にぶつけたが、まったく相手にされなかった。それでも彼はそれに怯ひるむことなく、何度も電話をかけ続けた。(中略)バーゾフはGSOとのコネに期待をかけた。キャディラック・ジャックの買収時に出資を得て以来、彼は業績報告のたびにGSOに感銘を与えていたこともあり、コミットメント・レターを出してもらうには十分だった。

 ところが、GSOからの手紙に目を疑ったシャインバーグ親子は、同社に直接確認を求めたという。「まるで『君たちが偽造したとは思わないけれど、一応、彼らと話をさせてもらうよ』とでも言いたげだった」と、バーゾフは話す。

 13年12月、ポーカースターズ側はついに財務情報や顧客データを含む資料を提示した。それによると、ポーカースターズはオンライン・ポーカー市場をほぼ完全に支配していた。登録ユーザー数は8,900万人。そのうち500万人ほどが月々、実際にプレーしていた。ユーザーが金を賭けるたびに、サーバーがそのわずかな額を徴収し、絶え間なく利益を積み上げていく。そんなキャッシュマシンのような仕組みで、ポーカースターズは年間11億3,000万ドルを売り上げ、4億1,700万ドルの利益を稼いでいた。「我々は多くの思い違いをしていたよ。あの会社はとんでもなくうまく経営されていた」と、バーゾフは言う。

 14年が明けるまでに、アマヤとラショナルは49億ドルという値段が書き込まれた同意書を交わしていた。しかし実際のところ、バーゾフにそのような大金はなかった。そこで、彼はブラックストーンに冒頭の提案を持ち込み、通りに放りだされたのだ。(中略)

 バーゾフはあきらめずにブラックストーンと交渉を続けた。
 バーゾフはGSOを納得させると、高額なプレミアムを付けたアマヤ株を10億ドルで買い取らせた。世界最大の資産運用会社ブラックロックをはじめとする、その他の出資者たちも株式を購入した。残る29億ドルについては、ドイツ銀行やバークレイズなどの銀行融資に頼った。過去に、オンライン・ギャンブルの資産に対してこれほど巨額の銀行ローンが組まれた例はない。それでも、最終的には各銀行が満額を貸し付け、アマヤはラショナル・グループを買収した。

 バーゾフは真の勝者になった。取引が終了したのは8月1日。彼の34回目の誕生日の2日前だ。機転と強い意志だけで、バーゾフは株価1ドルにも満たなかった公開企業を、年商10 億ドルを超えるオンライン・ギャンブルの帝国に変えた。それも彼自身の金を1セントも投資することなしに、である。

 バーゾフが最終的な成功をつかめるのかどうかはわからない。それでも彼は厚かましさと幸運と忍耐を武器に、武勇伝のような人生を生きている。「ポーカーというゲームが、契約交渉のようなものだ」と、バーゾフは語った。「あれは本当にデカいゲームだったよ」

文=ネイサン・バルディ

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい