「デザイン経営」の本質を考える


ドロップボックスのデザイン組織

テック企業であるドロップボックスだが、プロダクトデザイン、デザインリサーチ、UXライティング、ブランドスタジオ、Design Opsチームからなる、非常に強力なデザインチームを抱えている。なぜ実現できているのか?

「ドロップボックスの創業者が、創業当初からデザインの価値を十分理解した上で、プロダクト作りにおいてもデザインにフォーカスし、直接関与してきたからだと言えるでしょう。私たちにとってそれはとても幸運なことです。だからこそ私たちはドロップボックスのデザインチームで仕事が評価され、意見を上げやすい快適な環境で働いています。」(Jitkoff)


「Dropbox Paper」

デザインはドロップボックスのプロダクト全体に、どのように貢献しているのか?

「ドロップボックスのプロダクトにおけるデザインとエンジニアリングは、すべて互いに強く結びついています。プロダクトとエンジニアリングとデザインが、同じテーブル上のパートナーと見なされ、プロダクトの顧客体験に等しく影響を与えています。 各プロダクトチームには、3人のプロダクト&デザインリーダーがいます。大企業のビジネスユニットと同じように、各チームにとって最適なデザインのエンゲージメント方法とプロセスの種類を、彼らに決定を任せています。たとえば、ユーザビリティテストをさらに上流の工程に移動するなど、デザインは、組織内で一番効果的に貢献する方法を選択しているのです。」(Jitkoff)

Design Opsチームの定義と役割

ドロップボックスにとって、Design Opsの定義とはなにか。

「Design Opsチームの仕事は、オーバーヘッドを処理して運用管理するのではなく、本質的な時間とヘッドスペースを提供し、デザイナーとものづくりに関わる人がクリエイティブに時間を費やすことができるようにする役割であると考えています」(Schwigler)

具体的にDesign Opsチームはどのような活動をしているのか。

「Design Opsチームには、リサーチャーとデザインプログラムマネージャーがいます。デザインプログラムマネージャーには二つの役割があります。 ひとつはプロダクトサポートです。ユーザー向けプロダクト向けのデザイン、リサーチやライティングの各プロジェクトワークフローに組み込まれ、運用プロセスの作成、デザインレビューの把握、チームの健全性の担保、請負業者の雇用やベンダーとの連携を円滑にする役割を担います。

自分のチームが孤立しないよう、多くのチームや部署間のコミュニケーションが取れているか確認をします。 もうひとつは私たちが「Central Services」と呼んでいる運用サポートです。デザインチーム全体の採用基準、採用計画、予算編成、デザイナーの学習プログラム、コミュニテイ運営、イベント開催まで多岐に渡ります。まだまだ役割は増えている途中ですが、それもまたDesign Opsのやりがいです。 とはいえ私たちはまだ未熟であり、将来の基盤を築くためにいま取り組んでいる最中です。テック企業組織のなかでデザインチームが拡大するにつれて、デザイナーとリサーチャーのつながりを維持し、彼らが最高の仕事ができるようにするために、Design Opsの必要性は増してくるでしょう」(Schwigler)

文=リー・コーリー

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい