Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

南仏ニースを拠点に、フランスと日本で活躍するシェフ/食人の松嶋啓介氏。ミシュラン1つ星や2つの仏勲章シュバリエを得た実力の持ち主です。

「人を良くすると書いて”食”」が口癖の同氏は、Forbes JAPANのオフィシャルコラムニストとして「喰い改めよ!!」を連載中。今回、そのコラムの内容を体験できるセッションの開催が決定しました。10月10日(木)に東京・原宿のKEISUKE MATSUSHIMAで読者限定20名に向けて開催します。

塩が貴重だった古代ローマ時代、給料はサラリウム(塩)で支払われていたと言われています。「サラリウム」は、英語の「ソルト」の語源。するとサラリーマンは「塩漬け人」ということになります。

資本主義と不健康な食事にさらされている「塩漬け人」から脱するにはどうすればいいのか?

松嶋 啓介氏が「きのこオムレツ」と「特製ケチャップ」のデモンストレーションをしながら、ビジネスマンが知っておくべき「食の教養」について語ります。

お申し込みはこちらから



松嶋 啓介
20歳で渡仏。フランス各地で修業を重ねたのち、25歳でニースにレストランをオープン。3年後、ミシュラン1つ星や2つの仏勲章シュバリエを得た実力者。現在はニースと東京・原宿に「KEISUKE MATSUSHIMA」を構えるほか、複数の企業とコラボレーションを行う。

INFORMATION
▼日時:2019年10月10日(木)
    19:00 〜21:00 (18:30 受付開始)
▼会場:KEISUKE MATSUSHIMA TOKYO
    東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前 1F
    (最寄駅:千代田線・明治神宮前 5番出口より徒歩10分
     山手線・原宿駅 竹下口より徒歩10分)
▼参加費:15,000円(税込)※払い戻し不可
       ※セミナーの内容に合わせた軽食、フリードリンク付
▼定員:20名

お申し込みはこちらから

普段は経営者やクリエイター向けに行われているセッション。今回は特別にForbes JAPAN読者のためにアレンジされ、ビジネスにも役立つヒントが満載。「食」がどれほど重要か気づき、世の中の見方が変わるほどの衝撃をぜひ体験ください。

皆様の参加をお待ちしております。

お問い合わせ:rvsp@linkties.com
       (Forbes JAPAN イベント事務局)

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい