世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

TOP INFLUENCERS 50

インフルエンサーの影響力は、フォロワー数だけで単純に測れるものではない──。「個の時代」に、広く、あるいは深く影響を与える人とはいったいどんな人なのだろうか。

Forbes JAPANは、9月25日発売の本誌で「WHO IS THE TRUE INFLUENCER?」と銘打ち、8人の識者をアドバイザリーボードに迎え、トップインフルエンサー50人を初めて選出した。



その情報発信が注目を集めるだけでなく、人々の心を突き動かし、市場や世論にも影響を与え、日本の未来を切り拓く人を、Forbes JAPANは「真のインフルエンサー」と定義した。50人には「50の文脈」がある。その影響力を、7つの類型に分けて紹介しよう。










◆アドバイザリーボード(五十音順)

笹原和俊
名古屋大学大学院情報学研究科複雑系科学専攻講師

佐渡島庸平
編集者/コルク代表取締役

徳力基彦
アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー
ピースオブケイク noteプロデューサー

中村淳一
フェイスブック ジャパン マーケティングサイエンス
ノースイーストアジア地域統括 兼 執行役員

野村 肇
インダハッシュ カントリーマネジャー
ビジネスデザイナー、マーケティング戦略アドバイザー

橋本昇平
ツイッター ジャパン ツイッターネクスト マネージャー

まつゆう*
クリエイティブ・プランナー/ブロガー

吉川昌孝
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア環境研究所 所長

50人それぞれの選出理由やプロフィールは、9月25日発売の「Forbes JAPAN 11月号」で紹介している。

Forbes JAPANは、今回のインフルエンサー特集のイベントを10月16日に開催。「ビジネスに役立つ #インフルエンサーの研究」と題して、アドバイザリーボードから2名をゲストにお招きする。炎上しない投稿の仕方、長期にわたるファンの獲得方法、真のインフルエンサーの定義とは? 参加はこちら>>
このインフォグラフィックをシェアする

構成=Forbes JAPAN編集部

VOL.3

世界中から仕事が集まる「野村訓市」とは一体...

VOL.5

「かっこいい」「応援される」「信用される」...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい