I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Getty Images

転職に成功する人にはいくつか共通点がある。性格面で言えば、固い決意があり諦めない。行動面で言えば、新たな職を得るため努力をする。

素晴らしい第一印象を残す

人材を募集している側に対する第一印象は、相手と対面する前に始まる。真の第一印象を決めるのは履歴書や職務経歴書であるため、応募する仕事に合わせて作り込むことが重要だ。

読みにくくならないよう、凝ったフォントやデザインは避け、色を使い過ぎないこと。流し読みしやすいようにし、重要な情報を最初に載せる。英文のカバーレターを書く場合は、各段落を短めにし、間にスペースを挿入して読みやすくすること。

採用面接の雰囲気は、相手への自己紹介の仕方により変わる。直接アイコンタクトを取り、明瞭に話し、きちんと握手し、姿勢に気をつけよう。神経質だとか、冷たい人ではなく、自信がある人だと思われるようにしよう。第一印象は面接全体に影響を与えるため、スタートが肝心だ。

フォローアップをする

採用面接後には必ずフォローアップをすること。これにより、あなたのプロ意識や職探しへの意欲を示せる。面接がうまく行かなかったと感じても、フォローアップは欠かさず行う。ありきたりな文章にならないよう、面接をした管理職の名前や、応募した職務、面接から学んだことに言及する。また、フォローアップの方法は電子メールに限らず、独創的な方法でも可能だ。

面接中、意義のある質問をする

採用面接中は、その仕事の役割や企業文化、従業員、企業自体に関して多くのことを学べるような質問をする必要がある。相手があなたに詳細情報を与えられるような、自由回答型の質問をすること。「はい」か「いいえ」で答えられるような質問は、情報を明確にすることが目的でない限り避ける。

意義のある質問をすることには2つのメリットがある。1つ目は、その役割に関して積極的に学ぼうとしている姿勢を示せること。そして2つ目は、あなたがその仕事についてより深く学べること。簡単にウィンウィンの結果が得られる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい