世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ウイスキーファンをして「Unnecessarily well made(完璧すぎる)」と言わしめるシングルモルトウイスキー、それがグレンモーレンジィだ。

その魅力を余すところなく味わえるポップアップバーとして、昨年人気を博した期間限定「グレンモーレンジィ ハウス」が、この秋も東京・六本木に帰ってきた。秋の夜を贅沢に楽しめるスポットとして、ウイスキーファンの注目を集めている。

「グレンモーレンジィ ハウス」が期間限定オープン!詳しくはこちら


「完璧すぎる」ウイスキー、グレンモーレンジィとは。

スコットランド、ハイランド地方の大自然を活かしたグレンモーレンジィ蒸留所。



1843年にハイランド地方テインで創設された蒸留所「グレンモーレンジィ」。ミネラル分豊かなターロギーの泉の湧水(硬水)とスコットランド産の大麦のみを用いて、スコットランドで最も背の高いポットスチルでピュアな蒸気だけを抽出。このポットスチルはキリンと同じくらい首が長いことで知られているが、銅製のロングネック部分とアルコール蒸気との接触が長いことで、フルーティでフローラルな特徴が一層際立つ。

その原酒に豊かな風味を与えているのは、「この山の、この斜面の、この木」と年輪の数にまでこだわって厳選されたアメリカンホワイトオークで作られた樽だ。さらに新樽はバーボンメーカーに貸し出し、複雑味のある香りを醸すようになった樽を2回だけ使用するという贅沢なこだわり。この原木の調達からこだわった樽がバニラを思わせるあたたかみのあるアロマを与えている。

SWRI(スコッチ・ウイスキー研究所)とグレンモーレンジィが共同で実施した科学的調査からは、なんとグレンモーレンジィ オリジナルのなかに140種ものアロマが発見された。シトラスや熟れたピーチ、そしてバニラのタッチや花の香り……あなたはいくつキャッチできるだろうか?

「グレンモーレンジィ ハウス」が期間限定オープン!詳しくはこちら
 
秋を味わう、オレンジハイボール



さて、そのグレンモーレンジィ オリジナルを味わうなら、どんな飲み方がいいだろう。ストレート、ロック、ソーダで割ってハイボール……どれも間違いなく味わい深いが、この秋特におすすめしたい飲み方がオレンジハイボールだ。

もともとグレンモーレンジィ オリジナルには特有の、繊細かつ上品な柑橘の香りがあるのだが、オレンジハイボールに添えられたオレンジピールがウイスキ-本来の柑橘の香りを際立たせ、なんとも香り高いハイボールに仕上がる。秋の澄んだ空気のなか、ほっとする様なオレンジの甘やかな香りに包まれながら過ごすひととき。これは誰にとっても忘れられない経験となるに違いない。

「グレンモーレンジィ ハウス」が期間限定オープン!詳しくはこちら

秋の夜を楽しむ「グレンモーレンジィ ハウス」。



この10月には昨年に引き続き、グレンモーレンジィを堪能できるポップアップバー「グレンモーレンジィ ハウス」が東京・六本木でオープン。話題のオレンジハイボールはもちろん、ロックやストレートなど好みの飲み方をリクエストできるほか、人気バーテンダーによるその日だけのスペシャルカクテルも楽しめる。

また特別な時間を演出するのは「ブルーノート東京」プロデュースによるジャズライブ。秋の夜長にグレンモーレンジィとジャズ……心華やぐ時空間が東京・六本木に出現する。



「グレンモーレンジィ ハウス」

開催日時:
2019年10月9日(水)~10日(木) 16:00-22:00 (LO 21:30)
    10月11日(金)~14日(月・祝) 14:00~22:00(LO21:30)
会場:
六本木ヒルズ大屋根プラザ(東京都港区六本木6-10-1)

イベント詳細についてはこちらから


GLENMORANGIE Original/グレンモーレンジィ オリジナル

柑橘の香りが爽やかなグレンモーレンジィ オリジナル。その魅惑に満ちた繊細さと複雑な味わいは世界のモルト愛飲家に広く知られている。
参考小売価格 5,300円(税別)

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。お酒は楽しく適量で。

Promoted by MHD モエ ヘネシー ディアジオ / 編集=秋山都

あなたにおすすめ