Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン コミュニティプロデューサー

Getty Images

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」

2年前、結婚情報誌ゼクシィのこんな広告コピーが話題になった。かつて誰もが結婚するのは当たり前と思われていた時代から、いまや結婚は「選択肢の一つ」にすぎないものとなってきている。

2018年の婚姻率は、人口を1000人あたりで結婚した人の数は4.7人で、平成25年からは6年連続で減少。最高の婚姻率を記録している1947年の12人と比べると、半分以下だ。

そもそも結婚なんて必要ないのではないか、と考える人も増えている。ある調査では、働く女性の70%以上が結婚は「不要」と答えている。

その調査とは、毎週、政治、教育、健康など多様なテーマで議論をしているイー・ウーマンサイトの「働く人の円卓会議」で行われたもので、議長をつとめたのは『結婚不要社会』を執筆した山田昌弘中央大学教授。4日間に分けたオンライン会議では、400名以上が参加し、70%を超える人が結婚を「不要」だと答えた。

「不要」と答えた人の意見として、以下のようなものが挙げられる。

結婚=永遠のパートナーではない

・「結婚」と「永遠のパートナー」は別のものでは。自分はたまたま永遠のパートナーに出会い、たまたま結婚という形を選んだけであって、結婚するしないにかかわらず2人が幸せになれる選択肢が、世の中にもっとあるといいと思っています。

・結婚して子どもを持ち、数年で離婚して子育てを終えた今、結婚は必須でなかったと思いますし、今後も結婚したいとは思ってません。

・パートナーは必要だと思いますが、結婚という形を取る必要はないと思う。むしろ結婚していなくてもパートナーでいられる関係の方が結びつきが強い気がする。

苗字を変えるのが面倒

・仕事を持っていると、苗字が変わることは手続きが面倒ですし、子どももいませんので戸籍にこだわる必要もない。家族もまわりの友人たちからもパートナーと理解してもらえているので、あえて婚姻の必要もないです。

・事実婚を経験し、子どもの出産の際に入籍しました。仕事ではそのまま旧姓を使っていますが、公的書類や銀行口座は夫の姓を使わねなければならず、不便さを感じています。結婚制度には姓に縛りがあるため、ずっとNOと考えていました。しかし、昨今、突然の入院生活を経験し、入院手続きや保証人など、この時は、パートナーがいて良かったと安堵しました。事故などで収入を断たれることもあるかもしれません。リスク回避には、結婚制度に乗らないまでも、家族という生計を共にするパートナーは必要と痛感しています。

結婚しなくても、子どもを持てる

・結婚という形を取らず子どもを一人持ちました。何も困ることはありません。

文=井土亜梨沙

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい