音楽、メディア、エンターテインメントビジネスを担当。

テイラー・スウィフト(Photo by Jamie McCarthy/Getty Images for MTV)

フォーブスは8月26日、「世界で最も稼ぐ女性ミュージシャン」ランキングの2019年版を発表した。今年の首位は年収1億8500万ドル(約195億円)を稼いだテイラー・スウィフトだった。

スウィフトの収入の多くは、米国で2億6600万ドルを売り上げたスタジアムツアーの「Reputation Stadium Tour」からもたらされた。彼女はまた、昨年11月にユニバーサル傘下のリパブリック・レコーズと締結した新たな契約でも、膨大な収入を得ていた。

スウィフトは2位のビヨンセ(年収8100万ドル)の2倍以上の収入を稼ぎ出した。ビヨンセは夫のジェイ・Zと共演したツアーのOn The Run IIや、ライブアルバム「Homecoming」、ネットフリックスの特別番組から収入を得た。

3位には年収6200万ドルのリアーナが入った。リアーナはLVMHと共同で設立した自身のブランド「フェンティ」からも多額の収入を得ている。

他の注目メンバーとしてあげられるのは、年収4800万ドルで6位に入ったアリアナ・グランデだ。グランデは2枚のアルバム「Sweetener」と「Thank U, Next」を6カ月の間隔でリリースし、ヒットさせた。

ベテラン勢では年収5750万ドルで4位に入った、ケイティ・ペリーの活躍ぶりも印象的だった。ペリーは長年、テイラー・スウィフトとの不仲が伝えられていたが、今年に入り関係を修復し、6月に公開されたスウィフトのシングル「You Need to Calm Down」のミュージック・ビデオにハンバーガーの着ぐるみを着て出演して、スウィフトとハグをする姿を披露した。

今年の本ランキングの上位10人の年収総額は6億4550万ドルにのぼり、前年度の5億250万ドルから28.5%の上昇となった。スウィフトの年収は2009年には1800万ドルだったが、その後の10年の平均年収は8200万ドルに達している。

下記に今年の上位10人のアーティスト名と年収を掲載する。

1. テイラー・スウィフト/1億8500万ドル


Photo by John Shearer/Getty Images

2. ビヨンセ/8100万ドル


Photo by Larry Busacca/PW18/Getty Images for Parkwood Entertainment

3. リアーナ/6200万ドル


Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images for Diamond Ball

4. ケイティ・ペリー/5750万ドル


Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic

5. ピンク/5100万ドル


Photo by Kevin Mazur/Getty Images for Citi,

6. アリアナ・グランデ/4800万ドル
7. ジェニファー・ロペス/4300万ドル
8. レディー・ガガ/3950万ドル
9. セリーヌ・ディオン/3750万ドル
10. シャキーラ/3500万ドル

ランキングの対象となったのは、2018年6月1日~2019年6月1日の税引き前の収入で、金額はエージェント、マネジャー、弁護士、管財人への支払いが差し引かれる前のもの。算出に当たっては、ニールセン・サウンドスキャン、NPD、ブックスキャンからのデータに加え、関係者へのインタビューやフォーブスによる推算結果を考慮した。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい