世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

9月19日にForbes JAPANオフィスでイベント開催

誰もがSNSを使いこなす今、ますます企業と消費者の距離は近くなり、コミュニケーションの仕方も複雑になってきている。言葉や表現一つで炎上やブランディングの失敗につながる。一方でグローバルでは新たな潮流が生まれ、より本質的なメッセージを企業がうち出し始めている。

今、企業に求められる姿勢とは━━。

世界最大級の広告祭であるカンヌライオンズで注目された作品を解説しながら、グローバルな舞台で勝つ企業の戦略についてコミュニケーションのプロが語る。9月19日(木)の19時からForbes JAPANオフィスで豪華ゲスト3名を招き、イベントを開催する。会場では、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社が世界に誇るボルドーワイン「ムートン・カデ」のロゼワインとフィンガーフードを特別にご用意。

日本の広告業界に身を置き、今年カンヌライオンズを体感したゲストが感じる日本の課題とは━━。彼らがそれぞれの視点でカンヌライオンズの作品を振り返り、求められる企業の姿勢について語る。今年のカンヌライオンズを現地で取材した井土と守屋が聞き手としてゲストの本音や企業コミュニケーションの本質を引き出す。

企業の広報、PR、マーケティング担当者や起業家などにオススメするイベントだ。

カンヌライオンズ注目作品を交え、紐解く。企業と消費者の最先端コミュニケーション
とは?
豪華ゲストによるトークセッションを開催。 参加はこちら>>

登壇者(順不同、敬称略)



原野 守弘
株式会社もり
代表/クリエイティブディレクター
電通、ドリル、PARTYを経て、2012年から現職。「OK Go: I Won’t Let You Down」「NTT Docomo: 森の木琴」「Honda. Great Journey.」「Polaリクルートフォーラム」「日本は、義理チョコをやめよう。Godiva」などを手がける。大阪芸術大学教授。



林 智彦 
博報堂 グローバル・インタラクティブ・ディレクター
広告、スタートアップ、新規事業など、枠を超えた活動にグローバルで取り組む。
デジタルクリエイティブブティック“nuuo”、ロボットスタートアップ“nubot”ファウンダーを経て博報堂に復帰。米creativity誌「creatives you should know」8組中1組選出、文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞、日本賞クリエイティブフロンティア部門最優秀賞、SXSW interactive award finalistなど。2019年 Cannes Lions Mobile審査員、2019年ONE SHOW Creative use of Data / Digital Craft /Interactive審査員。



和田 夏実
1993年生まれ.2018年よりDentsu Lab Tokyo所属.手話を第一言語として育つ.視覚身体言語の研究,様々な身体性の方々との協働から感覚がもつメディアと表現の可能性について模索している.2016年手話通訳士資格取得,未踏IT人材発掘・育成事業「スーパークリエータ」認定。2017-2018,ICCにてemargensis!033「tacit creole / 結んでひらいて」展示.Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2018選出。2019年Young Cannes LionsのPrint部門日本代表


【広告業界の豪華ゲスト陣によるトークイベント】 応募はこちら>>


モデレーター

Forbes JAPAN編集部



井土 亜梨沙
フォーブス ジャパンウェブ編集部 コミュニティプロデューサー/エディター
1990年生まれ。一橋大学卒業。森ビル、ハフポスト日本版ブログエディター兼「Ladies Be Open」ディレクターを経て現職。



守屋 美佳
フォーブス ジャパンウェブ編集部 エディター
東京都出身。大学卒業後、インターネット広告代理店勤務を経て、2014年から東京カレンダー編集部へ。主にホテル、ワインの連載を担当。2018年より現職。

ムートン・カデのロゼワイン、そしてフィンガーフードをご用意



カンヌ映画祭で毎年一部のエグゼクティブに振る舞われるムートン・カデのロゼワインをご用意します。南仏カンヌの雰囲気を味わっていただくためのフィンガーフードも。美味しい食事やロゼとともにネットワーキングをお楽しみください。

(ご協力)バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

お食事から南仏カンヌの雰囲気を—
フィンガーフードと共に、ムートン・カデのロゼワインをてご提供。 応募はこちら>>

Forbes JAPANオフィスで開催

Forbes JAPANのオフィスが5月より新たに誕生。イベントスペースを兼ね備え、さらに読者の皆様と距離の近い編集部を目指しています。






カンヌライオンズとは

1954年、劇場CM復興のために創設された「カンヌ国際広告祭」は広告の枠に収まることなく規模と影響力を拡大させ続け、2011年、名称を「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に変更。世界中のクリエイティブに関わるプレイヤーがグランプリ受賞を目指して集う。今年で開催66回目を迎え、部門は27にも及ぶ。

カンヌライオンズ特集ページ
https://forbesjapan.com/series/canneslions2019

INFORMATION
▼開催日時:2019年9月19日(木) 19:00 START(18:30 開場)
▼会場:Forbes JAPAN オフィス
    東京都港区東麻布1-9-15 東麻布一丁目ビル2F(マルエツが入ったビルの2階です)
    最寄駅:都営大江戸線 赤羽橋駅
▼参加費:10,000円(ケータリング付)
 ※払い戻しは不可となります。
▼参加特典:Forbes JAPAN 最新号
▼主催:Forbes JAPAN



皆様の参加をお待ちしております。

お問い合わせ:rsvp@forbesjapan.com
      (Forbes JAPAN イベント事務局)

VOL.20

驚きのアイデアでジェンダーの固定観念をくつ...

VOL.22

「歴史に埋もれてしまった女性たち」を現代に...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい