I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.


3. 強力な企業文化を作る

強力な企業文化もまた、求職者の優先事項の一つだ。77%の従業員は、企業文化が非常に重要だと考えている。明確な成長の機会や競争力のある給与、その他望まれる福利厚生がある場合でも、会社の離職率が高かったり、現在勤務しているの従業員が燃え尽きているように見えたら、就職希望者の69%はその会社への就職を考え直すと答えている。それは、こうした兆候が従業員満足度の低さと企業文化の弱さを示しているためだ。企業にとっての課題は、高い離職率と士気の低下を防ぐため、従業員が満足するようにすることだ。

素晴らしい企業文化を持つ会社は、トップの人材を引きつけ維持していることが多い。就職希望者は、その会社が自分の個人的な価値観や目的に合っているかや前向きな職場環境を持っているかを重視している。そのため、良い企業文化を持つことはあるとよいものというより、長期的な企業の成功に欠かせないものだ。

企業文化は会社により異なるが、強力な企業文化はコミュニケーションと従業員の健康改善に効果を発揮する。

最高の人材を獲得する競争は激しくなり、労働力は常に進化を続けている。そんな中、雇用主は従業員のやる気や生産性、満足度を維持し、会社で働き続けてもらうという課題と機会に直面している。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい