幸せの国デンマークに学ぶ、エコなデザイン

olgagorovenko / Shutterstock.com

この夏、日本は記録的な猛暑日を更新し続け、欧州は異常な熱波に襲われた。熱中症で命を落とす人も年々増加している。気候変動の影響は、私たち一人一人の生活や命に影響を及ぼすレベルに到達している。それにも関わらず、具体的な環境対策に本気で取り組む組織はまだまだ少ない。

なかなか手が出せない理由の一つに、「環境対策は経済活動にマイナス」という認識があるだろう。しかし、世界には経済成長を続けながらCO2排出量を減少させている国がある。デンマークだ。

九州と同じくらいの広さの土地に、兵庫県と同じくらいの人々(約570万人)が暮らす、北欧の小さな福祉国家・デンマークは「世界一幸せな国」として知られている。国連が2012年から発表している「世界幸福度ランキング」では、2019年現在に至るまでトップ3圏内に君臨している(ちなみに日本は51位〜58位)。

デンマークは同時に、環境先進国でもある。風力・バイオマス・太陽光などを利用した自然エネルギーの国内生産が進んでおり、2050年には化石燃料の使用をゼロにすることを目標に掲げている。原子力発電は1985年に法律で禁止済みだ。サステイナビリティに対する国民の意識も高く、スーパーにはオーガニック食材が溢れ、主な交通手段は自転車。環境系スタートアップもどんどん生まれている。


コペンハーゲンの公園。短い夏の間は、多くの人が自然の中で日光浴を楽しむ(travellifestyle / Shutterstock.com)

しかしデンマークも昔から環境への取り組みが盛んだったわけではない。石油危機のあった1973年時点ではエネルギーの9割を輸入に頼っており、原子力発電所を増設する計画も検討されていた。ここから大きく舵を切り、約25年後には世界をリードする自然エネルギー大国として名を馳せたのだから驚きだ。エネルギー消費に伴う一人あたりCO2排出量は、1990年から約25年間で約40%減少している。


エネルギー消費に伴うCO2排出量の推移。出典: Danish Energy Agency

デンマークはなぜこれほどの短期間で環境先進国へと変容を遂げる事ができたのか? 本連載では時代の先を行くデンマークの環境事例とそれを支える考え方について紹介すると共に、彼らの「幸せ」の秘訣を探っていく。

文=本間美夏

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい