Close RECOMMEND

I share strategies for a financially secure and healthy long life.


・自営業になり、ギグエコノミーの一部になる。多くの場合、プロジェクトや請負仕事に取り組むことになる。多くの雇用主(特に小さな企業)は、フルタイムの従業員が休暇を取るときや一度きりの特別プロジェクト、忙しい時期のヘルプなど、臨時で労働者を採用することに関心を寄せているかもしれない。

・一部の仕事に自然に付随する雇用の機会を意識する。例えば教師は代行教師になることができるし、看護師は呼び出しに備えて待機する予備要員になることができる。

ここに挙げた選択肢から分かるように、働くか退職するかどちらか一方に決める必要はない。これらの手法のどれかを追求したい場合、完全な退職に徐々に慣れることができるよう、スケジュールを自分でより自由に制御でき、旅行や興味があることをする時間が持てる選択肢を探すべきだ。

最後に、仕事のスキルの棚卸しを行い、好きな仕事を見つけられる可能性を上げることで、将来の雇用主にとってより魅力的な人材になるよう取り組む必要があるだろう。

退職年齢に達した後も働き続けるには多くの努力が必要だが、自分が望む生活を作るため努力する価値は十分にある。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい