挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

ありのままの自分を愛そう、という“ボディ・ポジティブ”な価値観が世の中に広がりつつあるものの、「もう少し鼻が高ければ」「もっと小顔だったら」「ぱっちり二重だったら」と、コンプレックスを抱え続けている人は多いだろう。

実際、日本における美容医療市場は2010年に2,384億円を記録して以降、2014年に2,833億円、2017年に3,252億円と、年々伸長している。美容医療には、外科手術を伴う美容整形はもちろん、レーザーによる脱毛やシミ除去といった美容皮膚科なども含まれ、“エステ感覚”でクリニックに通う人も増えているという。

国際美容外科学会(ISAPS)の調査によると、2017年に行なわれた日本における美容整形の件数は約168万件に上り、これはアメリカ、ブラジルに続く世界第3位の実績となっている。ただ、たとえばブラジルが外科手術を伴う美容整形が全体の60.4%なのに対し、日本ではわずか17.5%。ヒアルロン酸注入やボトックス注射といった、いわゆる「プチ整形」が多くを占めるのだ。

“泣きながら注射を打った過去”──不安な患者に情報を

「お化粧するたびに鏡を見ている女性たちにとって、美容整形する動機はあくまで“自己満足”のため、ということが意外と多いんです。もっとクマが薄くなれば、小ジワが減ったら……と、『もう少しこうだったらいいのに』という悩みが一つ解消されただけで、人と会うのも出かけるのも楽しみになる。私自身もそんな感覚でした」と話すのは、美容クリニックのクチコミアプリ「トリビュー」を運営する株式会社トリビュー代表取締役の毛迪(もう・でい)氏だ。

毛氏は中国出身で、5歳から日本で育った。立教大学卒業後、株式会社リクルートマーケティングパートナーズに入社し、『ゼクシィ』で結婚式場の広告戦略立案や広告制作ディレクションに従事。その後ベンチャーキャピタルで大企業向け新規事業立案や出資先支援などに携わった後、2017年7月にトリビューを設立した。

「人生の大半を仕事に使うなら、自分が本当にやりたいと思えることをやるのが、自分自身のキャリアにとって良いことなのではないか、と。そう考えたとき、私の人生をポジティブなものにしてくれた美容医療を事業にできないかと思うようになったのです」

さかのぼること10年前、毛氏がはじめて美容整形を行なったのは、18歳の頃だった。

「ヒアルロン酸注入とかレーザーとか、今も軽めの施術を継続してやっているんですけど、最初の頃は全然情報がなくて、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)とかYahoo!知恵袋を読むくらいしかなかったんですよね。掲示板を10年近くさかのぼって読みあさっても不安がなくならなくて......結局勢いで決めるしかなかった。

怖くて怖くて、泣きながら注射を打ってもらいました。でも私の場合、結果的に満足できて、すごく前向きになれたんです。何が正しい情報なのかわかりづらい美容医療の情報格差をなくして、選択肢の一つとして美容医療をもっと知ってもらえたらと思い、『トリビュー』を立ち上げたんです」

中国や韓国では2013年頃から美容医療のクチコミアプリでの情報収集が主流となっており、日本でも同様のサービスに対するニーズが高まるだろうとの見込みも、毛氏の決断を後押しした。

Promoted by トリビュー

あなたにおすすめ

合わせて読みたい