Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Shutterstock

採用面接で必ず問われるのが「なぜこの職に就きたいのですか?」という質問だ。シンプルな質問にも思えるが、多くの人が間違った回答をしてしまい、他の候補者と自分を差別化するチャンスを逃してしまっている。

採用する側が本当に知りたいのは、あなたがこの仕事に本当に適した人材かどうか、そして他の人ではなくあなたを採用すべき理由は何か、の2つだ。

以下に、この質問に回答する際にすべきことと、避けるべきことを紹介する。

・企業にどのような価値を付加できるかを示す

この質問への回答で最も重要な点は、就職後に自分がその企業にどのような価値を付加できるかを説明することだ。独自のスキルや能力、特にソフトスキルはセールスポイントとなる。自分のスキルを使ってどのように価値を付加するかをアピールすればするほど、面接での印象を強められるだろう。

これは、自分のソフトスキルと、自分の専門性を新たな職場でどのように発揮するかを強調する絶好の機会となる。こうした特性はリーダーとしての成功に役立つため、特にリーダー職の面接の際には重要だ。この特性を既に持っていれば、候補者としての魅力がいっそう高まる。

・自分のスキルでなく自分自身について語る

面接時に自分の技術的なスキルについて語る機会は他にもたくさんあるので、この質問に答える際には自分自身について語ろう。この質問は、面接官に自分の人となりを伝える機会になる。

具体的には、他の候補者とは違う自分のユニークな部分を強調しよう。有力な候補者は皆、似たようなスキルを持ち合わせているかもしれないが、それぞれ異なる個性がある。スキルと個性のコンビネーションが、採用されるためのポイントになる。

・自然体を心がける

個性は大きなセールスポイントになるため、この質問に回答する際には自分の個性を輝かせよう。面接で個性はとても重要で、2人の候補者の採用と不採用を分ける決め手になる場合もある。

採用側は、誠実で偽りのない印象を与える候補者を好むため、できる限り自由に話そう。事前に練習した回答を述べると、機械的で表面的な印象を生み、回答の内容を損ねてしまう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい