Close RECOMMEND

.

stockfour / shutterstock.com

賢い企業は従業員を採用する際、候補者の年齢が重大な問題ではないことを知っている。簡単に言えば、年齢の高い候補者が持つ経験は、彼らに優位性を与えているということになる。

50歳以上の労働者が持つ以下の10の特徴が、企業が彼らを雇用すべき理由だ。

1. 忠誠心と信頼性

年齢の高い従業員を雇用し続けることは、企業にとっての利益になる。企業は新たに採用する従業員の選考から研修までに、途方もない時間と資金を投資している。それにもかかわらず、彼らの多くはあっという間に、輝かしい、より高給のポジションのために転職していく。

2. 意思決定能力

より高い年齢の労働者が持つ明らかな長所は、仕事上の経験とスキルだ。彼らが仕事を通じて磨いてきたスキルには、他者からの支援を必要としたり、いろいろと思い悩んだりすることなく、タイムリーに確かな意思決定を下すために必要な批判的思考力が含まれる。

3. 魅力

年齢の高い労働者には、仕事に対する態勢が整っており、自信もある人が多い。最高の従業員は、自信と専門知識をどちらも持ち合わせている人だ。この2つは年齢を重ねるとともに生まれる風格とともに、輝きを増すものだ。

4. 知的能力

優れた従業員は、マネジメント・スキル、リーダーシップ・スキル、コミュニケーション・スキル、共感力を併せ持っている。これらもまた、年齢と共に高まる能力だ。

素晴らしいアイデアが浮かんだとき、年齢の高い従業員はそれをどのように扱うべきか考えることに長けている。過去の成功と失敗と比較し、そのアイデアを大成功につなげる際のハードルの高さを判断することができるからだ。

5. 仕事に対する姿勢

高年齢の労働者は、先を見通すことができ、前向きで、高い問題解決能力がある。一般論かもしれないが、一定の年齢を過ぎれば、子供が巣立ち、住宅ローンも払い終えるなど、人生における大きな課題を成し遂げている。そうした年齢の人たちは、仕事にエネルギーを集中させることができる。仕事に対し、若いころとは違った愛情を注ぐことができる。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい