I write life and career advice for twentysomething women.

shutterstock.com

全ての人が、大きな間違いやもう二度と立ち直れないと思うような失敗をする。しかし、あなたという人間を定義するのは、どのような失敗をしたかではなく、それにどう対処するかだ。大きな失敗をしたときにはどうすればよいのだろう? ここでは、大きな間違いから立ち直る5つのステップを紹介する。

1. 事実を正しく捉える

失敗は、他者の視点から見るより当事者として見たときの方が必ずひどいものに思えるものだ。一歩引いて深い息をつき、自分がこの失敗を乗り越えられることを思い出そう。医療や法律の分野でない限り、その失敗は人の生死に関わるものではない。メンターや信頼する家族から今この瞬間に何と言われるかを考えるか、こうした人に電話してどのように対処すべきか助言を求めよう。この失敗であなたという人間が決まるわけではないこと、あなたがこの失敗を乗り越えられることを覚えておくこと。

2. 責任を取る

大きな間違いをしたと気付いたとき、次にすべきことは責任を取ることだ。責任を認めたあなたを、人は尊重するだろう。自分の責任を早く認めれば認めるほど、あなたや関係者全員が早く前に進むことができる。そうでなければ、責任を取れなかったことが失敗そのものよりも重くのしかかってくるようになるだろう。

3. 自分を許す

誰しも失敗、特に大きな失敗を犯すものだ。この状況でできる最善のことは、自分を許すことだ。自分を許すことができれば、問題がうまくいかない仕事のプロジェクトであっても、難しい局面に直面した人間関係であっても、解決法について明確に考えることができる。難しいことだが、自分を早く許すことができれば、それだけ失敗を早く乗り越えられるようになる。

4. 失敗を埋め合わせる

罰金を払う、謝罪する、嫌なことことでも実行するなど、失敗を埋め合わせるために必要なことは何でもしよう。短期的には苦しいかもしれないが、最終的には正しいことをした自分を誇れるようになるだろう。また、失敗を埋め合わせるためにできることは全てしたと分かっているため、より速く前に進めるはずだ。

5. よりうまくできるようにする

米作家のマヤ・アンジェロウは「より深く理解できるようになるまで全力を尽くすこと。そうすれば理解が深まり、よりうまく物事がこなせるようになる」と述べた。教訓を得たら、口だけでなく行動に移そう。行動を通して信頼を得ることが必要だ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい