Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター

Gettyimages

音楽ストリーミングサービスを使って、気分に合ったプレイリストを聴いているときに出会う新たなアーティスト。曲を聴けば聴くほどハマっていき、「いつかライブに行ってみたいな……」と思うこともあるのではないだろうか。

しかし、普段から馴染みのあるアーティストではないため、ライブのチケットを購入するのは一苦労。基本的には月額の会員費を支払っているファンクラブ会員に優先購入権があり、一般は発売開始日にネットでの受付、もしくは電話で限られた座席を取り合うしかない。熱烈なファンでなければライブに行きにくい。そんな問題を解決するような取り組みが発表された。

7月30日、音楽ストリーミング大手のスポティファイは、チケットサービスを運営するイープラスとパートナーシップを締結したことを発表。この提携により、ユーザーはスポティファイ上で、視聴履歴、嗜好に応じたコンサート情報が提供されるほか、「チケットを探す」ボタンをタップすれば、その場でイープラスのサイトからチケットを購入することができる。



また、チケット販売サイト「イープラス」だけでなく、イープラスが運営する音楽情報メディア「SPICE(スパイス)」や各種フェス情報アプリとも連動。例えば、記事内に出てくるアーティストの曲をスポティファイを通じて、その場ですぐに視聴できるようになる。

そのほか、昨年から実施していた、トップリスナーに対して特別な体験を提供するサプライズプログラム「FANS FIRST」を国内アーティストにも対応していく予定だという。過去には、エド・シーランやマルーン5など、海外人気アーティストのチケットの先行購入機会を日本のトップリスナーに提供していた。

日本でのサービス展開から約3年。今回の取り組みのほか、大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティストを選出する「Early Noise」を実施するなど、ストリーミングサービスの枠にとどまらず、幅広い取り組みを行っているポティファイ。

会見後、「総合的な音楽体験を提供できることを嬉しく思います」という玉木に、今回の取り組み、そして日本でのサービス展開について話を聞いた。

文=新國翔大

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい