I write about the music industry with a focus on K-pop.

GFRIEND(Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)

韓国の人気ポップグループBTS(防弾少年団)の所属事務所、ビッグヒットエンターテインメント(以下、ビッグヒット)が7月29日、ガールズグループのGFRIEND(ジーフレンド)が所属するソースミュージックの買収を完了し、子会社化すると発表した。

「ソースミュージックは今後、ビッグヒットの傘下で運営されるが、マネージメントチームの独立性は維持し、レーベルのカラーは保っていく」とビッグヒットは声明で述べた。

ビッグヒットは今年3月、BTSの弟分的ポジションのグループTXT(トゥモロー・バイ・トゥギャザー)をデビューさせた。今回の買収はアーティストの多様化戦略の一貫とみられる。男性グループで成功を収めたビッグヒットは、ガールズグループでもその成功を再現しようとしている。

2005年にビッグヒットを創業したパン・シヒョクは「ソースミュージックと当社の間には、マネージメントやプロモーション面で多くの共通点がある。2社が協力してより大きな成功を目指していく」と述べた。

ビッグヒットは10代のためのヒップホップコンテスト「HIT IT 7」を開催し、ヒップホップ分野でも新たな才能を発掘しようとしている。同社は来年、ソウルの龍山区の19階立てのビルに新社屋を移転する計画と報じられている。

ソースミュージックCEOのSo Sung Jinはプレスリリースで「ビッグヒットはグローバルレベルで成功を収めている。今回の提携によってさらに多様なアーティストを世界に送り出していきたい」と述べた。

ビッグヒットとソースミュージックは以前から協力体制をとっており、既に解散したGlamや8Eightなどのグループの共同マネージメントを行っていた。元8Eightのイ・ヒョンは現在、ソロアーティストとしてビッグヒットに所属している。

韓国の現地メディアは、ビッグヒットが既に3社目の芸能事務所の買収交渉を進めていると報じている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい