Close RECOMMEND

起業家たちの「頭の中」

ライフスタイルアクセントの山田敏夫

「日本の工場から、世界一流のブランドを作る」というビジョンに基づき、山田氏自らが直接足を運んで厳選した工場と顧客とを直接繋ぐファッションブランド「ファクトリエ」。同ブランドを生み出し、ものづくりのあり方を変えようとするライフスタイルアクセント代表取締役・山田敏夫氏に、社会的価値を生み出す起業についてドリームインキュベータの小縣拓馬が聞いた。(全6話)

100年続くブランドで、日本のものづくりを復興する

──山田さん自身の信念やこれから成し遂げたいことをお聞かせください。

ビジョンは「日本から世界ブランドを作る」というところから全くブレていません。そのための歩み方として、「語れるもので、日々を豊かに。」というミッション、そして「世界一の”伝え手”となる」というビジョンを掲げています。

たとえば、服を買ったら月曜日がちょっと楽しみになったりしますよね。そういう風に、人々のライフスタイルにとって幸せなアクセントを与えられる存在になりたい。「ライフスタイルアクセント株式会社」という社名は、その想いが反映されたものです。

そのビジョンを実現するべく私は未だに工場をひたすら回っています。我々が提携している工場の情報はオープンにしているので、我々が提携すると他のアパレルメーカーから工場に連絡が来ることも多いのですが、そんな時は「他の企業から連絡が来たとしても、単純に安い下請けとして仕事を受けるのではなく、我々が払っている金額と同等の金額を請求してくださいね」とお願いしています。工場が儲からないと「ものづくりの復興」はありえないですから。(※ファクトリエでは、工場に出荷価格の決定権を委ね、それに従って販売価格が決められている。)



──チームを作るにあたって考えたことは、何かありますか?

我々の考える「価値あるものづくりは儲からないといけない」という「四方よし」の考えは起業当初からずっとありましたから、売上が数百万円だった時代も、黒字には絶対しないといけないと思っていました。ですから創業当初は自分の給料なんて出してなかったですし、最初の2年半は社員1人でやっていました。たとえ人を採用しても黒字になるような試算を徹底的にしてから、ようやくチームを作るようにしましたね。

文=小縣拓馬 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい