Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター


「当社においては、現代のライフスタイルに適用する形でサービスを展開することで、このEC化率を伸ばすことを通じ、事業成長を加速していけると信じています。家具のサブスクリプションとは、まさに現代の必要なものを必要な時に利用するニーズが大きいライフスタイルに最適なサービスと考えています」(大薮)

家具・インテリアのサブスクリプション市場には、会員制の女性向けのファッション通販サイト「MUSE & Co.」をmixiに売却した経験のある久保裕丈が運営する「CLAS」がある。今後、競争が激しくなっていくことが予想されるが、大薮は今後の事業戦略をどう描いているのか。「家具のサブスクリプションとして、この領域におけるリーディングカンパニーであることを示していく」と語った上で、こう意気込みを語った。

「商品のカテゴリーの拡充や家具以外の商材ももちろん増やしますが、それ以上に『全ての人にパーソナルAIコーディネーター』を利用いただけるようテクノロジーに特化していきます。加えてサービス対応地域も全国展開を目指し順次拡大しつつ、誰しもが考えなくても理想のライフスタイルが手に入り、必要なものを必要な時に、いつでもご利用いただけるサービスを目指します」(大薮)

文=新國翔大

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい