Getty Images

音楽業界におけるストリーミングの拡大は、ポップミュージックだけでなくクラシックにも影響を与えつつあることが最新の調査で判明した。クラシックに特化したストリーミングサービス「IDAGIO」が、リサーチ企業MIDiAに委託した調査で、クラシックのリスナーが増加し、若いオーディエンスを獲得しつつあることが分かった。

ストリーミングでクラシックを聴く人の多くは、「ムード」でプレイリストを選択し、その多くは穏やかな楽曲や、集中力を高める楽曲を好んでいる。MIDiAによると、クラシックファンの30%は35歳以下の年齢層だという。

クラシックは、ポップやロック、カントリーに次いで4番目に人気のジャンルとされている。クラシックのストリーミング市場は、2018年に前年度から46%増の1億4100万ドル(約152億円)に達したとMIDiAは述べている。世界最大のクラシック市場である北米では、総額1億4600万ドルの売上のうち、8900万ドルをストリーミングの売上が占めたという。

ただし、クラシックファンが楽曲を聴く主なツールはラジオやCD、ユーチューブとなっている。全体の21%は無料のラジオやストリーミングでクラシックを楽しむと回答し、課金型のストリーミングを利用するファンは14%だった。

IDAGIOはクラシックに特化したストリーミングサービスとして支持を拡大中だ。同社のCEOのTill Janczukowiczは、新たなテクノロジーでこのジャンルの顧客を開拓していきたいと述べている。

IDAGIOには独自のプレイリストが用意されており、クラシックファンたちが求める楽曲の詳細な情報も入手できる。さらに、ムードに合わせた楽曲のセレクトも可能になっている。

MIDiAによるとクラシックを楽しむ人の63%は、リラックス効果を求めており、29%が集中力を増す効果を求めている。さらに14%が、安眠のためにクラシックを聴いている。

Janczukowiczはクラシックが、「全ての音楽の中で、最もグローバルなジャンルだ」と話した。「クラシックは、人々が自分たちよりも大きな存在とつながるきっかけを与える。安らいだ気分になって、世界の人々が同じ感覚を共有できる」と彼は続けた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい