挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

時代を席巻するAI、求められるは社会実装。類稀な技術革新に寄り添い、万人が活用できる世界の創造へ。

ITが社会インフラとして認識されて久しい。そんな中、第三次AIブームのきっかけとなったDeep Learningの登場は従来の常識を覆す新社会インフラとしての可能性を存分に発揮し始めている。

しかし、いざAIを導入するといっても、何ができるかわかない、誰に相談をしていいかわからない、検証コストが高額といった幾つものハードルが立ちはだかる。

そのため、AIの研究や開発は潤沢な資本をもつ大手企業ほど取り組みやすく、それ以外の中小企業は、AIを自社プロダクトやサービスに応用したくても、その実装方法が分からず、プロジェクトが座礁に乗り上げることもしばしば。

社会実装が進まない。そんな課題を解決するために、AI領域におけるプロフェッショナル集団、Intelligence Design(以下、ID)は立ち上がった。

「AIを社会実装させたい」と語る同社取締役の末廣大和は、キヤノンITソリューションズ、手書き文字認識を手がけるAI insideを経てID設立に携わった。そして同社取締役の竹野雄尋は外資系コンサル大手、BCGのコンサルタントとして様々なプロジェクトに従事後、IDにジョインした。

AIに関する豊富な知見を持つ2人が日本のAI活用において感じる課題とその解決策。そして、同社が見据えるAIの未来について意見をぶつけてくれた。

「今こそ、時流のうねるタイミングだ」

ふと、ID代表の中澤がある言葉を発した。その言葉に、末廣は奮い立った。

「『今こそ、時流のうねるタイミングだ』と、彼が発言したのです。そして、こうも述べました。新しいテクノロジーが社会で使われる際には必ず、提供者と利用者との間でギャップ(うねり)が生じる。主語をAIに置き換えて考えると、様々なAIの活用アイデアが生まれるがその場限り。誰も使いこなせず、理解できずに終わってしまうから、AIは社会に定着しない。顧客に対してどのようにソリューションに落とし込むかまで考え抜く。それが私たちの使命だと」(末廣)


COO 末廣大和

それに共感した末廣は、「AIを社会実装させる」というミッションを中澤と掲げ、ID設立と同時に、先端技術スキルを持つメンバーが集まる「ID lab」の立ち上げにもコミットした。

同じ時期に竹野もまた、AIプロジェクトのコンサルティングを通して、顧客が抱える課題を身近に感じていた。

当時、顧客から、『AIで何かやってみたい』という漠然とした相談がいくつも寄せられた。しかし技術的、時間的リソースが不足しているところが多く、結局、ほとんどが企画倒れに。仮にスタートしても、それっきり。継続されなかったのだ。
「​今のAIビジネスの主戦場は、「技術の実証実験」や「コンサルティング業務」となっています。ただ、それでは実務を意識した取り組みでは無いため、運用を見据えた検証などが必要です。​そんな時に末廣、中澤と出会い、IDの理念に共感し入社したのです」(竹野)

今、AIに関する相談業務を請け負う企業は増加を続けている。他社と比べた時のIDの強みは、と問うと、「メンバー全員がAIに関する専門的な知見を有している」と二人は声を揃える。

「様々な業界や事業における成功・失敗事例のケーススタディをいくつも持っているという点が、他社と比べても圧倒的な強みだと思います。顧客の課題を正しくキャッチアップすることではじめて、どのAI技術を提案するのが適切であり、効果的なのかを検証することができるからです」(末廣)

Promoted by Intelligence Design

あなたにおすすめ

合わせて読みたい