国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」


最もLDVIの効果が発揮されるのが、リアスライドを積極的に試すスポーツモードだ。思い切ったパワーオンを試しても、前輪側の駆動配分やブレーキベクタリングを効率よく制御しつつ、カウンターステアを当てなくても、その調子でアクセルを踏んだまま進んでいける。

今回のEVOで何が変わったのか?それは、ランボルギーニにとって重要な進化だろう。というのは、このEVOで、フェラーリ488GTBやマクラーレン720Sの最大ライバルに並んだわけだ。いや、ランボーのV10のトップエンドの高回転域での伸び感やレスポンスは、その2台を上回っていると思う。また、LDVIなどのおかげでEVOのハンドリングが一流に達したし、エンジン音は業界一と呼べるだろう。3000万円という値段の壁さえ乗り越えられれば、今回初めてランボーに浮気でもしようという気持ちになるかもしれない。




国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話「ライオンのひと吠え」
過去記事はこちら>>

文=ピーター・ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ