Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター


アスリートなどの知見と経験を可視化し、社会課題にアプローチする

──今後、Cuoreをどういった会社にしていきたいと思いますか?

中村:Cuoreは「心」「心臓」といった意味を持ちます。「ひとりでも多くの方の日々の原動力になる、心臓となる」というコンセプトをベースにアスリートや専門家の価値を最大化し、その取り組みが人々の健康や日常の課題解決に繋がっていく、そのような新しい循環を創造する先駆者になっていきたいと思います。

様々な技術が進化した今も、アスリートが真剣に自分自身に向き合う人間らしい姿は多くの人の気持ちを動かします。スタジアムで必死になって戦う選手、そして負けない熱さで応援するサポーターの姿からは、これまでもそして未来も変わることがないであろう「生身の人間が心を動かす瞬間」の力強さと訴求力の強さを感じます。

勝負の世界に身を置くアスリート、そしてその挑戦を支える専門家の間には熱さだけではなく日々の中で試し結果が出るものだけが残ってきた確かなノウハウが存在します。



そういった知識や手法を多くの人々の毎日に浸透するように仕組み化し、そしてアスリートだからこそ多くの人々に与えることができる衝動や感動に乗せて届けていく。そんな会社にしていきたいと思っています。

具体的には、今回発表した「FAT ADAPT」では血糖値に着目しています。日々の食事を通し血糖値を管理することでダイエットや集中力の維持・眠気防止などが期待でき、また将来的には糖尿病などの生活習慣病予防への寄与も考えています。拡大していく糖質管理の市場において、食品メーカーや小売・流通、外食・中食の企業、ITや生命保険といったヘルスケアに関わる業界と一緒に取り組みサービスを展開していきたいと思っています。

構成=新國翔大、写真=Cuore提供

PICK UP

あなたにおすすめ