起業家たちの「頭の中」

ライフスタイルアクセント 山田敏夫

「日本の工場から、世界一流のブランドを作る」というビジョンに基づき、山田氏自らが直接足を運んで厳選した工場と顧客とを直接繋ぐファッションブランド「ファクトリエ」。同ブランドを生み出し、ものづくりのあり方を変えようとするライフスタイルアクセント株式会社代表取締役・山田敏夫氏に、社会的価値を生み出す起業についてドリームインキュベータの小縣拓馬が聞いた。(全6話)


社員1人、資本金50万円。誰にも見向きもされなかった日々

──山田さんの起業した当初の話をお聞きしたいのですが、はじめはどういう壁にぶつかりましたか?

最初の壁は、工場が提携してくれなかったことですね。社員が私1人で資本金50万円、おまけにHPもなかったので、スーツを着て工場を訪れても「はい、怪しいヤツ決定」といった感じで(笑)。

「ファクトリエ」のような事業はまだひとつも存在していなくて、彼らからしたら「何言ってるんだ」という印象だったんでしょう。工場を40も50も回っても、誰にも相手にしてもらえなかったのは辛かったですね。創業から2年間ずっと、平日に工場を夜行バスで回り、週末はアルバイトにいそしむ生活をしていたんですが、工場の方に突っぱねられた帰りにバスに乗り込みながら「彼らを救おうとしているのに、なんでこんなに虐げられなきゃいけないんだ」と悔しくなったこともありました。

でも、その時ふと思ったんです。「これは自分がやりたいからやってることであって、彼らは日本から世界的なブランドを作るのを手伝ってくれる仲間であり、むしろ『ありがとう』と言うべきなのは自分の方じゃないか」と。

そこからは考えが180°変わって、たとえ相手に突っぱねられたとしても「どうぞよろしくお願いします」というスタンスをとり続けました。それでも、ほとんどの工場は相手にしてくれなかったですけどね(笑)。真摯な姿勢を続けることで、最初の壁を少しずつ超えていきました。

──厳しいスタートだったんですね。

その次の壁は、やっとのことで協力しくれる工場が見つかって商品を作り、最低ロットで作った400枚のシャツを売る時のことです。ファクトリエは中間流通を省いているので、普通なら2~3万円するような品質のシャツを1万円で売ることができます。ですから、当然みんな買ってくれると思っていたんですよ。でも、結果から言えば、誰も買ってくれなかった。楽天市場にある訳でもYahoo!ショッピングにある訳でもないので、誰も「ファクトリエ」なんて知らないんです。

文=小縣拓馬 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい