Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


今では投稿が3日も空くと、全然投稿できていないな、と思うくらいインスタグラムが日常生活に浸透しています。

「ストーリーズ機能」が登場したときも、最初はびっくりしました。なにこれって……(笑)。インスタグラムの新しくなる機能のスピードに付いていけず、全然ストーリーを投稿できなかったんです。ただ、使ってみると想像していたよりも活用できるし、24時間で投稿が消える発想も斬新で面白い。そもそも、インスタグラム自体がSNSにおける“変化そのもの”で、それまではみんなツイッターやブログを使っていたと思うんです。その中で、私は新しい存在だったインスタグラムを使おうと決めて。

「ストーリーズ機能」を筆頭に、変化することを楽しんでいけたら、自分をアップデートしていけるんじゃないか。そう思い、今は楽しんで投稿するようにしています。

インスタグラムを通じて、知名度は国境を越えた

アカウントの開設から6年。時間が経つにつれて、インスタグラムの影響力を身をもって実感しています。例えば、ファッションショーのランウェイを見てくれているファンの人たちからの声援、握手会やイベントで「いつもインスタグラムを見てます」と言ってくださったり。

また海外に行ったとき、現地の人が「インスタグラムを見てますよ」と言って、声をかけてくれたんです。今はインスタグラムを通じて、いろんな国の人が私のことを知ってくれる機会がある。それは有難いことだな、と思っています。

今もあまりフォロワーの数は気にしていないんですけど、ドラマ『トドメの接吻(キス)』(2018/日本テレビ)に並樹美尊役として出演したタイミングで、フォロワー数が顕著に増えましたね。このドラマはストーリーも面白いことに加えて、山﨑賢人さん、門脇麦さん、新田真剣佑さんなど、同世代の俳優さんが多く出演されていた作品だったので、そのおかげで私のことも知ってもらえたんだと思います。

フォロワー数が増えたことで、いろんな人からコメントがもらえるようになり、それも嬉しかったですね。

例えば、私が『トドメの接吻』で演じた並樹美尊はお嬢様で、ファッションにも気を配っている役だったので、ドラマの公式インスタグラムアカウントで「#美尊ファッション」というハッシュタグと共に、ファッションの写真を投稿してもらっていて。


『トドメの接吻』公式インスタグラムよりスクリーンショット

私も作品中のファッションを投稿してみると、ファッションに対するコメントもそうなのですが、作品に対するコメントも同じくらい来た。

ファッションショーでランウェイを歩いていると、ファンからの歓声でお客様の反応は分かるのですが、ドラマは面と向かっての反応がわからない。だからこそ、インスタグラムを通じて作品の感想を送ってくれるのはすごく嬉しいんです。

構成=新國翔大、写真=小田駿一、ヘアメイク=田中陽子(Lila)、スタイリスト=高野夏季

VOL.5

ビジネスとしてのバレエを成功に導いた事業家...

VOL.7

水嶋ヒロが語った「学び続けること」の意味。...

PICK UP

あなたにおすすめ