Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

(photo courtesy of ZOZO)

2017年11月に発表された「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」から約1年半。ZOZOが今度は「足の形」の測定に乗り出す。6月24日、同社は足の形をミリ単位で3D計測する新たなサービスを発表した。その名もZOZOMAT。ZOZOSUITに次ぐ計測型ソフトウェアだ。

ZOZOMATはマーカーが描かれたマットの中心に足を置き、そのまわりをスマホのカメラでスキャンすることで、足の大きさ、甲高、かかと幅など足の3Dデータを作成できるというもの。ZOZOMATの基本的な仕組みはZOZOSUITと同じだろう。

この3Dデータをもとに、ユーザーは自分の足にフィットする靴を探すことができる。靴は実際に履いてみないとフィットするかどうかが分からず、オンラインショッピングで購入するのをためらう人も多いが、ZOZOMATがあればサイズに合うかどうか悩まずに済む。



ZOZOMATは送料も含めて、無料で提供。今日から先行予約を開始し、実際の提供は今年の秋を予定しているという。この発表に併せて、ZOZOはZOZOMATのデータを活用した新しい靴の買い方、選び方、作り方に興味のあるパートナーの募集も開始した。

ZOZOSUITは無料配布の先行予約を開始後、ZOZOの見込みを上回るほどの注文が殺到し、最終的にデザインの変更に至るなど、さまざまな動きがあった。果たして、ZOZOMATはどれくらいの予約が行われるのか。今後の動きにも注目したい。

文=河村優

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい