I help people advocate for themselves and leverage opportunities.


4. 目標が何かを忘れない

デキる人は、「この会話で自分は何を得たいのか?」と自問する。より大きな問題があることを忘れず、問題を大局的に見ること。自分が正しかったとしても、それを証明するのが一番大事なことなのか? 自分が最終的に達成したいことに焦点を当てること。

5. 相手の気持ちになり、どんな反応をするか考える

相手のことを考えよう。あなたの言うことに相手はどう反応するだろうか? また、コミュニケーションの全体的なトーンを考えよう。デキる人は、意見や命令、脅しがほとんど成果につながらないことを知っている。

デキる人は、目標を達成するために事実にこだわり、命令を避け、「あなた」という言葉を減らし、自分の目標を忘れず、相手がどのように反応するかを考える。これには訓練が必要であり、しっかりと鍛錬すれば口論を効果的に解決できるようになる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい