フォーブス ジャパン コミュニティプロデューサー


カンヌライオンズ2019への思い



今年、Seemは再びカンヌライオンズに挑もうとしている。以前受賞した作品がその後どれだけ成長したのかを測る「クリエイティブ エフェクティブネス」でエントリーする予定だという。

「前回受賞時から事業も着実に成長しています。その部分を評価してもらえたら、世の中に発信できる良い機会になると思ったからです。また、前回は受賞できたことをうまく活用できなかったと反省しているので、今回受賞できたら『(ジェンダーギャップをなくした、)ふたりの妊活』を発信するために上手く活用したいと考えています」

Seemはカンヌライオンズでグランプリをとってから、毎年約300%(出荷ベース)の成長をしている。2017年に評価されたクリエイティブは、その後も効果をきちんと出せているか。エントリーする側からも当時の審査員からも気になる結果となるだろう。

文・写真=井土亜梨沙

VOL.6

結果を伴うシンプルなアイデアは6月のカンヌで...

VOL.8

本当に広告は「終焉」したのか? 電通クリエ...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい