テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

覆面DJマシュメロ(Photo by Scott Dudelson/Getty Images for Coachella)

覆面DJのマシュメロがロックバンドのバスティルとコラボしたキャッチーな楽曲「Happier」を、昨年8月にリリースした当時、この曲が音楽業界に歴史を刻むことになるとは、誰も予想していなかった。

「Happier」は先日、ビルボードのDance/Electronic Songsチャートで史上最長の1位保持記録を更新した。この曲は34週連続でトップをキープし続け、このジャンルの記録を塗り替えたのだ。

これまでの最長記録は、昨年1月にリリースされたZedd, Maren Morris and Grey(ゼッド、マレン・モリス、グレイ)の「The Middle」で、33週連続1位を記録していた。現在、「The Middle」に続いて歴代最長記録で3位となっているのは、ザ・チェインスモーカーズの「Closer」で、27週連続1位を記録していた。

興味深いことに「Happier」は、Dance/Electronic Songsチャートで長期間に渡り1位を保持しているものの、総合チャートでは首位に立ったことがなく、最高位は2位だった。現在、「Happier」は総合チャートでは16位に沈んでいる。しかし、総合チャートにおいても、40週近くランクインしていることはとても意義深い。

今後もしばらくの間、「Happier」が現在のポジションにとどまることは確実だ。競合になりそうな楽曲はいくつか存在しているが、最長記録で「Happier」を打ち負かすような曲は特に見当たらない。

現在、Dance/Electronic Songsチャートの2位につけているのは、マシュメロがチャーチズ(Chvrches)をフィーチャーして3月にリリースした「Here With Me」だ。つまり、仮に「Happier」の人気が今後衰えたとしても、マシュメロがトップのDJで居続けることは確実だ。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい