Close RECOMMEND

本気で失敗すればチャンスはつかめる!


パーソナルブランドとは他では代替できないその人自身の強みや個性であり、そうした強みや個性がある人を必要とするファンを獲得することにつながるのです。

人が失敗から立ち直ろうとするとき、多くの人と関わり合うことになります。その時、その人がどれだけのパーソナルブランドが築けているかによって手を差し伸べる人の姿勢が異なってきます。

パーソナルブランドが築けていない人に対して、同情心から手を差し伸べる人もいますが、その関係は長続きしません。なぜならば、ビジネスの世界というのは基本的に需要と供給のバランスが保たれている関係が最良であり、どちらかに貸し借りのある関係が続くと、いつかは破綻してしまうものだからです。

しかし、確固たるパーソナルブランドが築けていた人には、失敗から立ち直るには十分すぎる魅力的な話が多く舞い込んできます。

そして失敗を糧にして新たな挑戦をするわけですから、次は成功するチャンスは高まるというわけです。

まずは、自分の本当の強みをみつけることが大事。

では、パーソナルブランドを確立するためにはどうすれば良いのでしょうか?

誰しも、自分自身の本当の価値になかなか気づかないものです。まずは己の強みを把握するために、自分の経験と価値の棚卸しをするのが大事です。棚卸しをする際には、

・自分が強みと思っていることは何か?(自己分析)

・周りがあなたに対して強みと思っていることは何か?(第三者的判断)

・周りからよく求められるもの、お願いされることは何か?(あなたの経験やスキル)

をそれぞれ書き出し、その中心にあるものが何かを見い出すことが出来れば、自分の強みを知ることができます。

仕事や家庭が忙しいと自分のことは、ついつい後回しになりがちです。しかし、人生は一度きりですから、自分らしく充実した時が来るを待っている必要はありません。つまり自分の強みをみつけ、その強みを活かして自分のファンをつくることを後回しにする理由はないということです。まずは自分の強みを知るために、自分自身のキャリアの棚卸を始めてみるのはいかがでしょうか。

連載:本気で失敗すればチャンスはつかめる!
過去記事はこちら>>

文=河本扶美子

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ