世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

スティーヴン・キングの小説が原作の2017年公開されたホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』。Boxofficemojo調べによると、全世界興行収入は7億ドル超えを記録し、それまでホラー映画の興収記録を保持していた『シックス・センス』(6億7200万ドル)を破り歴史的ヒットを記録した。

その続編である映画『IT/イットTHE END “それ”が、見えたら終わり。』が11月1日に公開される。

前作では子供の失踪事件が立て続けに起こる町デリーで、主人公ビルの弟ジョージーが行方不明になるところから物語が始まる。ジョージーの行方や町の謎を、ビルとビルの友人らで結成された「ルーザーズ・クラブ」で探るが、不気味なピエロのペニーワイズの存在を知り“それ”は少年たちを恐怖へと引きずり込んでいくのだった。

映画はホラー要素だけではなく、ルーザーズ・クラブで唯一の女の子、ベバリーとビルの恋模様も描かれている。

今回の完結編の舞台となるのは、前作から27年後だ。子供が消える謎の失踪事件が再び発生し、「COME HOME COME HOME(帰っておいで)」というメッセージが、大人になったビルたちのもとに届く。

「再び“それ”が現れたら僕たちも戻る」と誓った27年前の約束を守るため、デリーに帰ってくるルーザーズ・クラブの仲間たち。なぜ再び“それ”は現れたのか?27年前の連続児童失踪事件の真相や、“それ”の正体は何なのかすべての謎が明らかになる。

27年後のビル役を演じるのは俳優ジェームズ・マカヴォイだ。これまでの出演作にゴールデングローブ賞 主演男優賞にノミネートした映画『つぐない』やDCコミックス原作の『X-MEN』シリーズで若きプロフェッサーXを演じている。

日本時間の5月10日午前1時ごろに予告編が解禁され、その映像には女優のジェシカ・チャスティン演じるベバリーが27年前に住んでいた家を訪れるシーンから始まる。

家には老女が住んでいて、そのまま家の中に招かれるベバリー。「お湯を沸かす間、家を自由にみていい」と言われ見つけたのは、ルーザーズ・クラブメンバーのベンから27年前にもらったポストカードだった。思い出に浸り懐かしむベバリーをよそに、家の中で黒い影が彼女に迫る。

老女が出したお茶を飲んでいると、「町の噂ご存知?この町で死ぬ人は本当に死んでない」と老女が不可解なことを言い出す。さらに窓に張り付く虫や老女の胸の傷に眉をひそめるベバリー。

家にあった写真にはペニーワイズらしき人物が少女と写り、状況を把握したベバリーに老女が襲いかかる。

ピエロのペニーワイズ役にはビル・スカルスガルドが前作から続投し、メイクが施されてるとはいえ、不気味に笑い、話すペニーワイズを巧みに演じている。

大人になったビルたちは再び現れた“それ”を倒すことができるのか、また前作が残したホラー映画の興収記録を塗り替えるか、期待がかかる。

文=須貝直子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい