挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

インスタグラムにTikTok、話題となるインターネットサービスは若者向けの娯楽が大半だ。それら陽の領域を『ハレ』とするならば、医療や介護・葬儀といった、積極的には取り上げにくい領域は、『ケ』と呼ばれる。そしてこの領域には、未だインターネットで解決できていない問題が多く残されている。

この『ケ』の領域で真正面から課題解決をしようとしているのが、“医療系”スタートアップ企業のメドレーだ。「医療ヘルスケア分野の課題を解決する」というミッションを掲げ、医師たちがつくるオンライン医療事典『MEDLEY』やクラウド診療支援システムの『CLINICS』などを展開。

また、人員構成もユニーク。医師や弁護士といったスペシャリストが数多く在籍することでも知られている。

もちろん、インターネット業界に長くいるメンバーも多い。その筆頭が、はてなやグリーをはじめ、インターネット業界の最前線で事業開発を行い、自らも介護サービスを立ち上げた経験を持つ取締役、石崎洋輔だ。

「人と違うことを徹底的にやろうとするタイプ。天邪鬼で凝り性」と自身を分析する石崎が、メドレーで実現しようとしていることは、誰一人取りこぼすことのない、すべてのユーザーに届くサービスづくり。そして、その取り組みを支えるのは、一種の狂気だった。

普通のことをやってたら、普通のサービスしか生まれない

4万件近くの本音が掲載されるサービスへと成長した介護施設・サービスの口コミサイト『介護のほんね』。石崎はその発案者であり運営会社の代表も務めていたが、2015年の株式交換に伴い、事業とともにメドレーへ参画した。

ここで一つ、石崎の“凝り性っぷり”が垣間見えるエピソードをご紹介したい。

『介護のほんね』に載るべきは、自分や自分の家族の終の住処を選ぶ時に参考になる信頼できる情報でなければならない。賞賛ばかりは嘘のように映り、罵詈雑言は論外。賛否はともかく、客観的な事実と主観的な感想が、どちらも詳細に記載されている必要がある。類似するサービスが多くある中で、口コミの質と量がサービスを伸ばす鍵になると、石崎は確信していた。

Promoted by メドレー

あなたにおすすめ

合わせて読みたい