Close RECOMMEND

深センのリアルなキャリア事情

Startup Grindの深センでの運営責任者を務めるGrace Zhang

「世界を知る、そして祖国を知る。深センをハイブリッドに進化させたい」そういつも私に、熱く眩しく語ってくれる素敵な女性と、「人才中心都市」深センで、また出会うことができた。

彼女の名前はGrace Zhang。シリコンバレーで発足し、現在約125カ国・500都市でスタートアップの起業家やイノベーターをサポートするコミュニティーを展開する「Startup Grind」の深センでの運営責任者だ。

「Google for Entrepreneurs」などのグローバルパートナーや、「Tech Temple」ほかの現地スタートアップハブとのパートナーシップも多数結び、現在、深センで最も支持されているといっても過言ではないコミュニティーハブを、彼女は取り仕切っている。

Startup Grindの現地のコミュニティーメンバーは、優に6000人を超えている。海外出身の参加者も多く、国際色も豊かだ。私も参加したイベントには、ベルリン中国の代表もゲストとして北京から参加していた。



深センには公平性がある

そんな仲間たちが集うイベントは常に盛況で、ほぼ月に1度のペースで精力的に開催されている。そして、特筆すべきことは、この活動において、彼女が「無給」だということだ。

近年、深センは「アジアのシリコンバレー」と呼ばれているが、「果たしてその表現は正しいのか?」と違和感を持つほど、Startup Grindのイベントに集う人たちのハイブリッドな進化は凄まじい。

例えば、Graceは世界の最先端を自らが体感し、祖国を俯瞰的に見ることができる。彼女は中国出身でアメリカの大学に留学、フィラデルフィア、インディアナ、シカゴへと移り住み、IT業界のレポーター職に就く。アメリカのIT成功者やスタートアップの起業家たちを自ら取材してきたのだ。

2014年に帰国、深センでの新生活を選んだ。同年に、Startup Grindの活動も開始。普段はブランドマーケッターとして企業でフルタイムの勤務をしながら、同時にこの支援活動も行っている。

「なぜ深センだったのか? なぜ、無給でも頑張れるのか?」という私の問いに、彼女は以下のように笑顔で答えてくれた。

「まず、深センには公平性がある、そしてスタートアップを育てる風土が都市全体にある。テクノロジーは良くも悪くも私たちの生活を変え、社会を変えると思っている。だからこそ、深センという街が持つDNAを活かして、良い変化を起こし、より良い社会を実現させてくれる仲間が増えることを願っている。それが私の原動力なの」

文=藤井 薫

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい