世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

「ZOZOTOWN」公式サイトより

ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは4月25日、有料会員向けの割引サービス「ZOZOARIGATO」を終了することを発表した。サービスが終了となるのは5月30日で、新規入会の受付はすでに終了している。

「ZOZOARIGATO」のサービス開始は2018年12月。年額3000円、または月額500円で会員になると、商品を税抜き価格から10%オフで購入できるサービスだ。出店するアパレル側から「ブランド価値が低下する」と反発の声が出ており、撤退する動きが相次いでいた。

終了後は代替プランとして、年会費無料で5%ポイント還元の「新ZOZOカード」を始めるという。

サービス終了発表と同日に、前澤友作社長はツイッターを再開。「本業に集中する」として2月7日以来ツイートを控えていたが、「本日よりツイッター再開します」と77日ぶりにツイートした。

文=長澤史佳

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい