世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

「働き方改革」待ったなし。しかし、担当者や現場は正直、悩んでいる。

海外の成功事例ばかり示されても、日本人の実情とマインドには合わない。
勤務時間を減らしても、生産性やモチベーションは上がらない。
やるべき仕事、削るべき作業の整理ができていない。

そもそも「働き方改革」はそれ自体が目的ではなく、ひとつの手段ではないのか。

会社としてどう営むべきか、個人としてどう生き、どう働くべきか。
そのうえで、「働く」にまつわる課題を、どうクリエイティブに解決していくか。
そんな本質的なことを、読者のみなさまと議論してみたい──。

Forbes JAPANは、生産性向上のための働き方改革プラットフォームを運営する「チームスピリット」の協力を得て、6月11日(火)、東京・銀座で以下のイベントを開催します。

ほんとうに結果を出し続けられる、クリエイティブな働き方を実現しませんか。

◆イベントテーマ
「働き方改革」の本質を突く、日本流・クリエイティブな働き方



◆プログラム
1部 「元グーグルHRが語る、日本的働き方の問題点と処方箋」
プロノイアグループ株式会社 代表取締役 ピョートル・フェリクス・グジバチ氏×Forbes JAPAN副編集長 谷本有香

2部 「グローバルから見た『働き方』最前線、実践へのチューニング」パネルディスカッション
楽天元CTO / Junify 安武弘晃氏×チームスピリット 荻島浩司社長×ピョートル・フェリクス・グジバチ氏×谷本有香


◆登壇者
ピョートル・フェリクス・グジバチ氏
プロノイア・グループ株式会社 代表取締役 / モティファイ株式会社 取締役



ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年Googleに入社。アジアパシフィックにおけるピープルディベロップメントにてラーニング・ストラテジー、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立して未来創造企業のプロノイア・グループとHRテクノロジー企業のモティファイを設立。

安武弘晃氏
Junify


1998年に初期の段階の楽天に入社し、エンジニアとして様々な楽天のサービスを作る。取締役常務執行役員として技術部隊をまとめ 2016年1月に退任。
アメリカに移住し Junify という新しいスタートアップを立ち上げを行いながら、日本企業の先端技術やイノベーションを組織・経営に活かすアドバイザリーに従事。


荻島浩司氏
株式会社チームスピリット 代表取締役



1996年、同社設立。株式会社東芝および東芝ソリューション株式会社で金融機関向けパッケージ開発や、オペレーショナル・リスクコンサルティングに従事、2009年よりセールスフォース・ドットコムを利用したクラウド事業に参入、「TeamSpirit」を企画・開発。

谷本有香
フォーブス ジャパン副編集長 



証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事。トニー・ブレア元英首相、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックなど3000人を超える世界のVIPにインタビューした実績あり。また現在、レギュラーコメンテーターを務めるTBS「ビビット」、MX「モーニングCROSS」他、多数のテレビ番組に出演。現在は、メディアへの寄稿、シンポジウムのモデレーター、企業アドバイザーとして活動。2016年2月より『フォーブス ジャパン』副編集長 兼WEB編集長。同年4月より跡見学園女子大学兼任講師就任。「世界のトップリーダーに学ぶ一流の『偏愛』力」(ディスヴァー・トゥエンティワン)などの著書がある。



◆INFORMATION
日時 2019年6月11日(火)
開場 15:30
開演 16:00 終演 18:00 (予定)
定員 100人
場所 Common ginza
〒104-0061  東京都中央区銀座5-8-1
GINZA PLACE 3F
https://ginzaplace.jp/shop/detail/?id=4



◆参加申し込み
参加希望の方はこちらのリンクよりお申し込みください。
申し込み締め切り:5月30日(木)17:00まで
※本イベントへのお申し込みは締め切らせていただきました

Promoted by チームスピリット 文=林亜季

合わせて読みたい