Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

スズキ四輪商品第二部チーフエンジニア・米澤宏之氏

「3度目の正直」と言いますよね。毎年ニューヨーク国際モーターショーの開会式として開催されるワールド・カー・アワードの授賞式。ここ3年間で3回小型車のカテゴリーで世界トップ3入りしていたスズキが、今回、ジムニーで初の受賞を果たした。

同アワードで、日本カーメーカーの中で唯一、デザインとアーバンカーの2部門でトップ3に残ったスズキ・ジムニーは、強力な韓国のライバル勢ヒュンダイAH2、キア・ソウルをおさえ、わずか2点の差ながら、「ワールド・アーバンカー」部門のトロフィーを獲得した。

受賞

日本から飛んで来た会場で、期待を隠せなかったスズキ四輪商品第二部チーフエンジニア・米澤宏之氏は、「勝者はジムニー」と発表された時、嬉しさのあまり、大きな声をあげた。

550人の来場者を前に、「今年は3回目のトップ3入りでしたが、ついにアーバンカー部門の受賞ができて非常に嬉しいです。スズキは50年にわたってジムニーを作り続けてきました。今回の受賞は、世界中のジムニー・ファンにとって、大きな喜びです。このトロフィーを早く日本に持って帰りたいです」と、緊張しつつも英語で受賞の挨拶をした。

アメリカには、スズキの四輪部門がないことを考えると、これは大勝利と言うしかないと思う。会場にいた選考委員の声を聞くと、「道のりは長かったけど、スズキがついに受賞して良かった。この勝利に値するね」と納得の声が多かった。

ジャガーが史上初の快挙

またアワードでは、EVのクロスオーバー、ジャガーI-PACEが、最高賞である「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」に加え、「ワールド・カー・デザイン」「ワールド・グリーン・カー」と見事3部門を受賞した。これはアワード15年の歴史で初の快挙だ。

会場のジャヴィッツ・センターに駆けつけたジャガーのチーフ・デザイナー、イアン・カラム氏は、三つ目のトロフィーを手にしてこう言った。

「ハットトリックが取れるとは夢にも思いませんでした。やはりEV時代の到来が確実だと言えます。私は子供の頃、キャブ・フォーワードのクルマをデザインしたかったけど、このEVパワートレーンのおかげでそれがついに作れるようになりました。大きなエンジンをフロントに載せなくても良くなったので、こんなに綺麗なデザインができたと確信しています。また、それがデザイナー達に冒険の余地を与えてくれました。私が20年もかけて結成してきたジャガーのデザインチームに『ありがとう』と言いたい」

トロフィー

ちなみに、I-PACEの航続距離は、世界のWLTPの数値で467kmにはなっているが、アメリカのEPAが設定した377kmの方がリアルワールドの航続距離だと思われる。

アワードではそのほか、24か国からの86人の選考委員たちの投票によって、「ワールド・パフォーマンス・カーは」はマクラーレン720Sが、「ワールド・ラグジュアリー・カー」はアウディA7がそれぞれ受賞した。

スズキの勝利から言えることは、つまり、ジムニーは日本以外の国々での人気度と支持率が非常に高く、この手の超小型の強力なオフロード車の需要が相変わらず強いと言うことだ。スズキ・アメリカのマネージャーも「アメリカに投入してくれたら、かなり売る自信があるのに」と、残念そうに話していた。

また、ジャガーの三冠獲得は、市場で今まで問題とされた「電欠、インフラの足りなさ」などの課題を抱える電気自動車を、社会がだいぶ受け入れるようになってきたと言うことだ。あなたは、電気自動車に乗る心の準備ができていますか?

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>

文=ピーター・ライオン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい